頭皮マッサージ

頭皮マッサージ器のベストな選び方

頭皮マッサージ器のベストな選び方

頭皮のマッサージは手で行うことが多いかもしれませんが、

  • 頭皮マッサージ器を使う

ことによって手軽にいつでも頭皮のマッサージを行うことができます。

 

頭皮マッサージ器の種類

頭皮マッサージ器は頭皮に当てる部分がブラシのような形になっているタイプが一般的です。

ブラシのようになっているタイプの中でも

  • シャンプーやリンスなどをしながらマッサージをすることができるもの
  • 洗髪をした後に使用するもの

などがあります。

そのほかにも、

  • 頭皮を清潔に保つためのシャンプーの泡立ちをよくすることができる機能がついているもの
  • 育毛効果が期待できる薬剤をより浸透させる効果があるもの

などもあります。

 

頭皮マッサージ器の選び方

  • どのような場所で使用するのか
  • 付いている機能、頭皮マッサージ器を使うことによって得たい効果

などによって選ぶタイプが違います。

そして、ブラシのような形をしている頭皮マッサージ器といっても、ブラシの部分の形や使われている素材によって硬さや頭皮への刺激の程度などが変わってきます。

材質が柔らかすぎるものや硬すぎるものを選んでしまうと、

  • マッサージの際に必要以上の力が入ってしまう
  • 頭皮に大きな負担がかかってしまう

といった場合があるので注意が必要です。
 

この記事を読む

頭皮マッサージのベストな方法とは?

頭皮マッサージのベストな方法とは?

頭皮マッサージは、

からだが温まっている入浴中に行う

のことが最も効果的です。

入浴中は頭皮の血行も良くなっているため、そこにさらにマッサージをしてあげることで、より頭皮の血行を促進させる効果が得られます。

頭皮マッサージを行うと...

  • 薄毛や抜け毛に効果がある
  • 頭がスッキリする
  • 記憶力、集中力が湧いてくる

などの効果があります。

 

頭皮マッサージの方法

頭皮マッサージの方法は、

頭皮全体を動かすように揉む

のがポイントになります。

この時、頭皮を傷つけてしまう可能性があるので、爪は短く切っておき、細菌が繁殖しないように清潔にしておきます。

  1. 両手の指の腹で、生え際から頭頂部にかけてもみます
  2. 両手指の腹で頭部をつまむようにして弾みをつけて、指を離します。
  3. 指先を使って、頭頂部にあるツボ、百会を中心として、軽くリズミカルにトントンとたたきます。
  4. 百会を約3秒間グーっと押すように指圧してみても効果的です。
  5. 次に、両手人差し指、中指、薬指3本を使って目の下からこめかみへマッサージします。
  6. 同じ方法で、あごからこめかみ、首からこめかみを何度か繰り返し行います。
  7. おでこの中心からこめかみの方まで、強く皮膚を引っ張り、こめかみで一旦止めます。
  8. 5秒位経ったら、ゆっくりと指を離しましょう。

 

この記事を読む

頭皮マッサージ!効果抜群のやり方とコツ、抜け毛防止と育毛の方法

頭皮マッサージは効果バツグン!

あなたが頭皮マッサージをしたいと思っている理由が

・育毛
・薄毛対策

なのであれば、それは大正解!

頭皮マッサージは、抜け毛予防や育毛に絶対効果あります。

抜け毛予防や育毛や薄毛の対策、それは

髪の毛が育ちやすい状態にカラダと頭皮を整えてあげること

ですし、そのためには

  • 頭皮の温度を適温に保持してあげる
  • 毛根細胞へきちんと栄養素が行き渡るようにする

ということが大切です。

つまり、頭皮の血流を常に良くしてあげるということ。

そのために手っ取り早くってカンタンに、自分でお金をかけずにできるのが、頭皮マッサージ。

頭皮マッサージはしっかりゆっくり継続して行うことで、

  • 頭皮の血行促進
  • 頭皮の柔軟性を取り戻す
  • 頭皮に不要な油分を落としやすくする

というスバラシイ効果があります。

 

頭皮マッサージの効果がスゴイ理由

頭皮マッサージの効果がスゴイな理由、それは

頭皮に流れる毛細血管の血流をよくする

ことで頭皮環境を確実に良い方向へと変えてくれるから。

頭皮環境が健康になれば、それは抜け毛だろうが薄毛だろうが、毛が生えやすい環境になるということ。

抜け毛が少なくなれば、薄毛も目立たなくなりますし、更に育毛すれば...

理論上は完璧ですよね?

なので、あなたには一刻も早く頭皮マッサージに取り組んでもらいたいのです。

そうしないと、あなたの頭皮はだんだんと元気がなくなって...

最近なんだか髪の毛のコシがなくなったりしていませんか?

 

基本的な頭皮マッサージのやり方

具体的な頭皮マッサージのやり方は次のとおり。

  1. 頭の後ろの髪の生え際からやさしく押す。
  2.   ↓

  3. 両手の指の腹で、後頭部の生え際から上に揉む。
  4.   ↓

  5. こめかみから後頭部に向かって、両手の指の腹で円を描くようにマッサージする。
  6.   ↓

  7. 頭頂部を両手の指の腹で円を描くようにマッサージしていく。
  8.   ↓

  9. 頭皮全体を軽くたたくようにもみほぐす。

頭皮マッサージは1セット1分ほどで、3~5セットくらい行うのが良いとされています。

早くフサフサにしたいからといって、やりすぎは禁物。逆に頭皮を痛めてしまうこともあります。

なので、ゆっくりと、時間をかけて、リラックスしながら、頭皮を優しくマッサージしましょう。そうすればあなたの頭皮の血行状態は、改善の方向に向かうハズです。

そのハズなんですが...

頭皮マッサージだけで育毛や薄毛対策ができるのならば...

世の中にハゲている人はいないはずなんですよね...w

 

頭皮マッサージだけでは毛は生えてこない?

頭皮マッサージは、基本的に頭皮を柔らかくし、血行を改善するために行うものです。

ですが頭皮マッサージを念入りに行ったとしても、あなたの

  • 生活習慣が変わっていない
  • 今までと同じ食生活を続けている

といった状況なら、いくら頭皮マッサージをしても、それだけで毛が生えてくるかというと...効果を得ることは難しいかも。

だって今までの生活習慣と食生活に原因があって、それで薄毛になったんですよね?

だったら育毛するためには、何かを変えなければ、何も変化は起こりません。

頭皮マッサージだけで髪の毛を生やそう、増やそう、元通りにしようというのは、ちょっと...ww

 

生活習慣と食事を変えるのは...

ただ、生活習慣と食事内容をいきなり変える...のって、ちょっと大変ですよね?

だったらできるだけ楽な方法で抜け毛を防止して育毛する方法を考えてみましょう。

生活習慣を変えるのは大変なので...

頭皮に良いモノを使って頭皮マッサージをする。

食生活を一変するのは大変なので...

育毛に良いサプリメントを飲む。

この方法だったら、今すぐにでもカンタンに始めることができます。

もちろん頭皮マッサージだけであなたの薄毛が解消できれば、それに越したことはありません。

ですが...果たして頭皮マッサージだけで髪の毛がまた生えるまで、いったいどれだけ時間がかかると思いますか?

あくまで抜け毛予防のための頭皮マッサージならばそれでもイイです。

でもこれから時間がかかり過ぎると...

あなたの髪の毛、抜けたまんまになってしまいます。

そんなことをしてたどり着くところは...

薄毛...

m字やO字ハゲ。

頭皮マッサージだけではなくて、抜け毛を防いで育毛できる方法を併用したほうが効率的なのです。

 

抜け毛防止の最新情報

これから頭皮マッサージを始めて、抜け毛防止対策をしたいのなら...

あなたがムダな時間を使わずに、効果のある抜け毛防止対策をしたいのなら...

やっぱりあなたに合った育毛剤を併用したほうが、より早く抜け毛を防ぐことができます。

頭皮マッサージで頭皮の血行を促進する。

そのときに頭皮に優しい育毛ローションを併用して、頭皮の血行と同時に頭皮に育毛成分を染み渡らせる

とこれはかなりマチガイなしなんですが、では頭皮マッサージにはどんな育毛剤を使えばイイの?

ってことです。

 

日本で一番有名な発毛剤といえば...

日本で唯一、発毛剤として厚生労働省に認可されている有名商品といえば...

リアップX5
ビックカメラ楽天市場店で通販可、価格はコチラ>>

リアップX5には発毛効果のある成分として、ミノキシジル5%が配合されています。

ですが、ミノキシジルはもともと高血圧症向けの医薬品なので、副作用の心配があります。

血管拡張作用によって急に血圧が下降したり、EDや精力減退、動悸や肝臓疾患など...。

頭皮マッサージは頭皮の血行を良くしてくれるので、そこにミノキシジル成分の育毛剤を使うと...

ちょっと副作用のコト心配になります。

頭皮マッサージは良くても、ミノキシジル配合の育毛剤は副作用が心配。

だったら、

ミノキシジルと同様の効果がある無添加の育毛剤

を選ぶという方法があります。

ミノキシジルとM-034比較表

この表はミノキシジルと最近注目されている育毛成分M-034の毛髪再生率を比較したものです。

M-034成分とは北海道のミツイシ昆布から抽出された育毛に効果がある海藻エキスのこと。

このミノキシジルと同様の育毛効果がある海藻エキスが配合された無添加の育毛剤なら、副作用の心配なく育毛活動ができます。

 

この記事を読む

▲ページトップに戻る