てっぺんハゲ

てっぺんハゲの治し方|絶対にやってはイケナイことまとめ

てっぺんハゲを治し方を探しているのなら

てっぺんハゲを治し方を探しているのなら、これ以上てっぺんハゲを広げないためにも絶対に間違ったことをしてはいけません。

てっぺんハゲは自分で気づいたときにはかなり進んでいたということは多いです。

鏡で見てもわかりにくいことから全然気が付かなかったのに、ある日ふとよく自分の頭を見てみたらてっぺんハゲができていることに気がついたときはがっかりです。

ハゲは気がついたらすぐに対策を考えなければいけません。

しかし、てっぺんハゲの場合は気づくのが遅いので、失敗は許されません。

そこでここでは、てっぺんハゲの治し方で絶対にやってはいけないことは何なのか、まとめました。

てっぺんハゲに気がついたら、やってはいけないことは絶対にやらないようにご注意ください。

 

てっぺんハゲの治し方でしてはいけないこと1 シャンプーの選び方や使い方を間違えること

シャンプーの選び方を間違えること

てっぺんハゲを解消するためにはしっかりシャンプーをして頭皮の汚れや皮脂を取り除かなければいけないとわかっています。

どのシャンプーを使うかについてはあまり気にしていない方が多いです。

しかし、シャンプーの選び方次第でてっぺんハゲは悪化する可能性もあるため、注意が必要です。

汚れや皮脂を取ってスッキリさせたいと思うと、汚れや皮脂を取る力が強いシャンプーを選びたくなります。

けれど、問題は効果が強すぎるということ。

健康な髪の毛を育てるために必要な皮脂膜まですべて洗い流してしまうシャンプーはてっぺんハゲには逆効果です。

また泡立ちが良いシャンプーなら汚れが落としやすいと思っている方は多いです。

泡立ちが良いシャンプーには界面活性剤が入っているものが定番です。

界面活性剤は頭皮に刺激になることが多く、育毛したい方にとってはよくありません。

てっぺんハゲの方がシャンプーを選ぶときは、必要以上に皮脂を取りすぎず頭皮を守ってくれるアミノ酸系シャンプーにしましょう。

男性用シャンプーよりも女性の敏感肌用シャンプーを探すと、効果の高いアミノ酸系シャンプーが見つかりますよ。

シャンプーの使い方を間違えること

シャンプーの方法次第で、てっぺんハゲは改善することもできますし、悪化させてしまうこともあります。

髪を洗う時に、最初からシャンプーをつけて洗うという方は多いですが、てっぺんハゲの方にはよくありません。

シャンプーをする前には、ブラッシングやお湯だけを使って優しく前洗いすることが効果的です。

シャンプーをつけるときも髪の毛に直接塗りつけるのはよくありません。

直接塗りつけることによって泡立てできなかった分が洗い残しとして髪に残ります。

、毛穴にダメージを与えてしまうと、髪が育つ観光を奪ってしまうのでてっぺんハゲが進んでしまいます。

シャンプーは手のひらにとってぬるま湯で泡立ててからやさしく指の腹を使って洗うようにしましょう。

シャンプーをした後乾かさないでそのまま寝ることもてっぺんハゲにつながります。

元気な髪が育ちやすいように頭皮環境を良くするためには、髪や頭皮を乾かすことが必要です。

濡れたままの髪をドライヤーで乾かそうとすると髪に負担がかかりすぎて抜け毛が増える可能性がありますから、タオルでしっかり水分を拭き取ってからドライヤーを使って乾かすようにしてください。

 

てっぺんハゲの治し方でしてはいけないこと2 食生活や生活習慣の乱れ

食生活の乱れ

サラリーマンは特に毎日忙しいですから、食生活や生活習慣も乱れがちです。

しかし、食生活や生活習慣が乱れると、健康に悪い影響を与えるだけでなく髪や地肌にも悪い影響を与えます。

いくら育毛剤を使ってお手入れしていてもてっぺんハゲも進行する可能性が高くなりますので、注意が必要です。

自分の食生活を考えてみて、コンビニ弁当やスーパーで買ってきたお惣菜、または外食が多い方は、栄養が偏っていて血流が悪くなって髪に栄養が届かなくなるのでよくありません。

一人暮らしをしている男性は特に、自分で食事を作ることが面倒だからと外食やコンビニに行くことが多くなってしまいますが、健康にもよくありませんから、食生活の乱れは治すべきです。

生活習慣の乱れ

もう一つ、生活習慣の乱れもてっぺんハゲを悪化させる原因の一つです。

仕事で忙しくて残業が毎日続いていると帰りがいつも遅くなりますから寝る時間も遅くなります。

次の日の仕事のためにも夜は早く寝ればよいのですが、パソコンを開いてインターネットをしたりテレビを見たり・・・

これでは寝る時間は遅くなってしまいます。

若いから大丈夫だと思うかもしれませんが、そんな不規則な生活が続いていると、抜け毛が増えててっぺんハゲがひどくなってしまうだけでなく、体調を崩して会社に行けなくなったら大変です。

残業で遅くなることは仕方なくても、なるべく家に帰ったらゆっくり休み、睡眠時間は確保するようにしてください。

 

てっぺんハゲの治し方は時間との勝負!

一旦気がついたら気になって仕方がないてっぺんハゲ。

でも不安なだけではストレスが溜まってさらにてっぺんハゲが悪化してしまうかもしれませんから、ここで自分の生活を振り返ったり、普段使っているシャンプーを見たり、髪の洗い方を考えてみてください。

もしかすると、自分の生活やシャンプーの方法が、てっぺんハゲにしてしまったのかも。

てっぺんハゲは治りやすい場所だと言われていますから、やってはいけないことをやめるだけでもてっぺんハゲには大きな効果が現れますから、自分を振り返ってよく考えてくださいね。

この記事を読む

【てっぺんハゲが治らないトキ!】てっぺんハゲの解消法まとめ

てっぺんハゲが治らないときは

てっぺんハゲになってしまったらもう諦めるしかないと思っている方も多いのでは?

自分ではなかなか気が付かなくて、気がついた時にひどくがっかりするのがてっぺんハゲです。

他の部分は特に問題がない状態なので特に気にしていなかったのに、実は頭頂部だけが薄くなっていた・・・

このように、自分では気が付きにくい場所でも他人からはわかりやすいのが「てっぺんハゲ」です。

人に見られるなんて嫌ですから、なんとかしたいですよね。

てっぺんハゲが治らない!

ここでは、そんな方に試してほしい「てっぺんハゲ解消法」についてまとめましたので参考にしてください。

てっぺんハゲの原因は何にあるの?

てっぺんハゲの解消法を考える前に、まずはどうしててっぺん禿になってしまったのか?

その原因から考えていきましょう。

てっぺんハゲになりやすい体質だった

てっぺんハゲにはなりやすい体質というものが存在します。

それが血行不良です。

人の体の中で栄養を体の隅々にまで行き渡らせるのは血液の力です。

血液はその中に栄養分を含んでいますから、流れることによって栄養を届けます。

血行が普段から良い方であれば全身に血液を届けることができますから特に問題はありません。

しかしてっぺんハゲになりやすい方を調べてみますと、つむじに近い頭頂部のが特に血行不良になりがちだということがわかっています。

頭頂部は体の中でも一番高いところにあるため、よほど血行が強くなければ血液は流れず栄養も届きません。

その結果、頭頂部の髪の毛は元気を失いてっぺんハゲになります。

頭頂部ではなく額の生え際の血行不良が気になる方は、てっぺんハゲより生え際が後退するM字ハゲになる可能性が高いです。

自分のハゲの状態を確認して、てっぺんハゲだという方は頭頂部まで血液をどう届けるべきかを考えましょう。

食生活が不規則で乱れていた

体質以外にもてっぺんハゲを作る原因があります。

それが食生活の乱れです。

現代人は忙しいので外食が多いですし、外食ではどうしても肉類で脂っこいものが中心になってしまいます。

一人暮らしをしている人は特に、家にいても自炊することは少なく、外食でなくてもコンビニ弁当などで済ませる方は増えています。

一度自分が毎日何をどんなときに食べているかを考えてみてください。

食事は好きなものだけを食べていればいいというものではありません。

食生活の乱れは血行不良を引き起こし、てっぺんハゲの原因になってしまいます。

そればかりか、毎日育毛剤を使ってお手入れしているのに効果がないのだとしたら、その原因は食生活の乱れにあるかも。

育毛剤を使っているのに食生活のせいで効果を得られないのだとしたら、育毛剤の意味がなくもったいないです。

食生活が不規則かも?

と気になる方は、一度自分の食べているものや、食べる時間を表にまとめてよく見てみてください。

てっぺんハゲの解消法としておすすめなのは?

シャンプーで毎日髪を洗って生活を守ること

てっぺんはなかなか写真を見てもよくわからないために軽視しがちですが、それでは大変なことになります。

まずは、てっぺんハゲを引き起こすてっぺんハゲの部分には皮脂などが残らないようにお手入れすることが必要です。

そのために必要なものが「シャンプー」です。

育毛成分が入ったシャンプーはいくつも売られていますが、自分の髪に効果があるものはどうやって探したらいいのか、と思ってしまいますよね。

でも、シャンプーは特に育毛専用のものを使わなくても大丈夫です。

大切なことは、毎日髪を丁寧に洗って、フケなどが全く残っていない状態を保って生活を続けるということです

皮脂が残った状態で放っておくと、髪には栄養が届かなくなって髪の毛が生えることが邪魔されて髪は生えてきません。

しかし丁寧に汚れを落としてすすぎもしっかりすれば、髪の毛が元気に生える環境を整えてあげることができます。

自分の髪の毛の洗い方を考えてけっこう適当かも?

と思ったら、これからは今までよりも時間を掛けて丁寧に洗い、すすぎもしっかりするように心がけてください。

毎日丁寧なシャンプーを続ければ、だんだんと髪に変化が現れてきますよ。

専用の育毛剤を使ってお手入れを続ける

シャンプーをすれば頭皮は清潔になって髪が元気に育つ環境を作れますが、髪を生やす力がなければどうしようもありません。

シャンプーはちゃんとしているしすすぎも丁寧にやっているから何の問題もないはずだ!

そういう方の場合は、頭皮に元気を与えてあげましょう。

すっかり元気を失っていた頭皮では、何の助けも借りることなく元気な髪を生やすことができません。

ですが、てっぺんハゲに効く専用の育毛剤を使ってお手入れを続ければ、しばらくして髪は元のように戻ります。

育毛剤にもいろいろあって何を選んだらよいか迷いますが、髪に栄養が行き渡るように頭皮の血流を良くするように働きかけてくれる育毛剤を探してください。

てっぺんハゲを見つけたらすぐに対策を始めよう

てっぺんハゲは他人にはよく見える場所なのに自分ではあまり見えません。

けれど、だからといってお手入れを手抜きしていれば、てっぺんハゲが広がってどうすることもできなくるかも。

心配な方は、毎朝必ずてっぺんハゲはできていないか鏡で調べましょう。

そしてもしてっぺんハゲが見つかったらすぐに育毛剤などを買いに行って早めに対策を始めましょう。

早めに対策をすれば、効果も出やすいですからてっぺんハゲを早く改善することができ、髪の悩みから開放されます。

この記事を読む

▲ページトップに戻る