ミノタブの副作用、脈拍との関連性

ミノキシジルタブレットを服用することによる副作用には『脈拍への影響』というのもあります。

ミノタブは画期的なクスリだが...

ミノキシジルは従来の育毛とは違い実際に発毛が期待できる画期的な薬ですが、長期の服用には問題があると言えます。

ミノタブを服用した場合に

[winp_alert_accept]頻脈や不整脈だけでなく胸痛などを自覚する人には深刻とも言える状況につながる[/winp_alert_accept]

ことがあるからです。

 

ミノタブは育毛剤として開発されていなかった事実

もともとミノキシジルという薬は、高血圧で入院している患者に使われていた薬でした。

それらの患者の服用後のデータをチェックしてみたところ、

[winp_alert_accept]ミノキシジルを服用した患者の体毛が濃くなっていることが意図せず見つかった[/winp_alert_accept]

という、偶発的に発見された作用の薬です。

つまりミノタブは最初から発毛を目的として開発された薬品でありません。

ですから長期的に服用を続けると体中に血圧を下げることによる異常が出る可能性が上がり続けることが予測されます。

 

ミノタブと脈拍との関連性

ミノタブを服用したら、頭皮だけにピンポイントに効果を発揮してくれれば嬉しいのですが、残念ながらそういう使用が出来ないことも確認されています。

全身の血の流れを変えてしまう働きなのですから、疲れていたり弱っていたりする臓器から問題が起きることは想像に難くありません。

そして一番症状に出やすいのは、心臓をはじめとする循環器系だとされています。

[winp_alert]特に初期症状に現れやすい症状が脈拍の変化[/winp_alert]

ですから、使用を続ける人は注意が必要だと言えるでしょう。

[winp_frame color=”blue” border=”blue”]【良く読まれている記事はこちら】

[winp_arrow_blue]プロペシアの副作用|危険な1ヶ月献血できない理由[/winp_arrow_blue]
[/winp_frame]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です