フィンペシアの副作用|精力減退は自己暗示?

あとのまつりです。

ジェネリック育毛剤として有名なフィンペシアには、飲みすぎると副作用として精力減退することがあるといいます。

そこでここでは、フィンペシアを服用すると副作用で精力減退するといわれることについてまとめました。

この記事はこんな人にオススメ!
  • ジェネリック育毛剤フィンペシアで薄毛対策をしようとしている人
  • ジェネリック育毛剤フィンペシアの副作用について知りたい人
  • ジェネリック育毛剤フィンペシアの副作用で精力減退するのは本当かを知りたい人

フィンペシアの副作用

薄毛治療薬として人気があるフィンペシアは、いくつかの副作用があると言われています。

このフィンペシアの副作用の中でも、男性としては心配になるものに「精力減退」があります。

実際にフィンペシアの服用で精力減退が起こるという副作用は

  • 起こることがある

といった程度のものです。

すべてのフィンペシアを利用している人に起こる副作用ではない、ということを知っておく必要があります。

心理的におこる精力減退

フィンペシアの副作用は、服用した方の2~5パーセント程度の方に起こり得るとされています。

ただし、男性の場合は心理的におこる精力減退もあります。

  • フィンペシアを利用すると、もしかしたら自分自身の精力が減退してしまうのではないか?

と不安に思う気持ちによって、実際に精力を減退させてしまうという現象です。

いわゆるプラシーボ効果と呼ばれる「自己暗示」の一種です。

フィンペシアの副作用に精力減退につながる要因はない

フィンペシアには、精力減退の原因になると言われている男性ホルモンであるテストステロンの減少を起こすというような機能はありません

精力減退につながる要因は、フィンペシアにはないのです。

ですから、もしかしたら実際に副作用が起こったという人も、先入観からきている物である可能性大。

薄毛対策をするにあたって、副作用のことを深く考えすぎるのは良くありません。

そこまで副作用のことが気になるようでしたら、AGAクリニックで医師の診察を受けながら薄毛対策をしてください。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です