フィンペシア1mgで考えられる副作用は?

あとのまつりです。

男性型脱毛症であるAGAの治療薬として人気のあるプロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシア1mgには、やはり副作用も報告されています。

そこでここでは、フィンペシア1mgで考えられる副作用をまとめました。

この記事はこんな人にオススメ!
  • プロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシア1mgを使おうと思っている人
  • フィンペシア1mgの副作用を知りたい人
  • フィンペシア1mgはジェネリック医薬品だから副作用があるのかを知りたい人

フィンペシア1mgの女性に表れる副作用

フィンペシア1mgの重篤な副作用としては、

  • 妊娠中の女性がフィンペシア1mgを服用することによって胎児に重篤な障害が出てくる

そんな確率が高くなるということです。

特に胎児が男児だった場合、生殖機能の障がいが起こる可能性がありますので、女性はフィンペシアを服用したり触ったしないことが重要です。

フィンペシア1mgの男性に表れる副作用

男性の場合、フィンペシア1mgの副作用は性欲減退やEDなどが副作用として報告されています。

フィンペシアの有効成分であるフィナステリドは、Ⅱ型の5αリダクターゼ酵素を抑制するという働きがあります。

ですが、積極的に男性ホルモンのテストステロンに働きかけをするという作用はありません。

しかし、実際に性欲減退やEDなどの症状がでてくる男性も少数ながらいますので、可能性としてはゼロではないということになります。

人によっては先入観によって起こる副作用という話もありますが、副作用としてあげられているという事実はあります。

この記事のまとめ
  • プロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシア1mgには副作用のリスクがある
  • フィンペシア1mgによって女性に表れる副作用に「胎児に重篤な障害が出てくる」ことがある
  • フィンペシア1mgの副作用は、男性には性欲減退やEDなどがある
【あとのまつり】市販の育毛剤で毛は生えない、薄毛をなんとかしたいのなら  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です