スマホゲームのやりすぎはハゲる←科学的にもマジな理由まとめ

スマホでゲームを楽しむことは日常的で、もはや当たり前の風景です。

そんなスマホゲームですが、

「やりすぎるとハゲる可能性が高くなる」

という衝撃の真実をご存知でしょうか?

ここでは「スマホゲームのやりすぎはハゲる」と言われている科学的理由についてまとめました。

この記事はこんな人にオススメ!
  • 日常的にスマホゲームを楽しんでいる方
  • 最近「髪が薄くなってきた」という自覚症状のある方
  • 「スマホゲームのやりすぎはハゲる」の真相を知りたい方

「スマホでゲームをやりすぎるとハゲる」と科学的にも言われる理由

実はスマホゲームのやりすぎだけに限らず、スマホを長時間利用し続けるとハゲる可能性は大です。

可能性だけで考えると、テレビゲームやパソコンゲームよりも、スマホゲームでハゲる確率は高いかもしれません。

というのもスマホの場合は

  • 画面が小さいので目との距離が近くなる

ことが最大の理由。

スマホ画面って、テレビやパソコンよりも小さくって、なおかつゲームの動き自体も「速い」ことが多いですよね。

なので、スマホゲームをするときは、かなり目を酷使してしまいます。

この目の酷使が眼精疲労となり、それが原因でハゲる可能性が大なのです。

目を酷使して眼精疲労になるとなぜハゲる?

眼精疲労になるとなぜハゲるか?というと

  • 目の疲れを回復させるために、システインというアミノ酸が消費されるから
アミノ酸不足
目の疲れを回復させるアミノ酸システインは、たんぱく質の構造を安定させ髪の毛を太くするといった働きも持っているので、眼精疲労でシステインを消費しすぎてしまうと、毛髪を育てるのに必要な蛋白質に影響を与えてしまいます

つまり、スマホゲームだけに限らず目を酷使すると、髪の毛を太くする蛋白質が体内で不安定になる。

なので、髪が細く、抜けやすい状態になってしまうということです。

そのほかにもスマホゲームでハゲる科学的根拠

スマホゲームのやりすぎによるハゲには、眼精疲労の他にも科学的根拠があります。

血行不良
スマホゲーム中は、長時間ほとんど同じ姿勢で、眼の近くの画面を見続けて指を動かすだけ。
指を動かすだけでは運動にならないですし、その姿勢が続くことで骨格の歪みなどが生じる可能性もあり、頭部の血行不良を引き起こしてしまいます。
これによりカラダ全体の血行不良が始まり、頭皮にも血液が行き渡らなくなると考えられます
育毛ゴールデンタイムに寝ない
一日の中で一番髪が成長する時間、それが育毛ゴールデンタイムです。
■22:00~翌2:00
この時間に充分な熟睡モードに入っていないと、髪の毛の成長が阻害されると言われているのです。
なのにこのゴールデンタイムにスマホゲームに興じてしまうと...

君は大丈夫でしょうか?

このようなことから、スマホゲームのやりすぎはハゲる可能性が科学的にも大といわれるのです。

スマホゲームは、ある程度ほどほどにして、

  • 目を休ませる時間を時間を作る
  • 育毛ゴールデンタイムには熟睡できるようにする

といった対策をしないと、君のどんどん髪の毛は薄くなってしまいます。

そして、ひとたび髪が薄くなってしまうと、もうそれは君がハゲ体質になりはじめているという証拠ですから、薄毛対策を考えたほうが良いのです。

この記事のまとめ
  • 「スマホゲームをやりすぎるとハゲる」というのは都市伝説ではなく、科学的根拠に基づいたモノ
  • スマホによる目の疲れがスマホハゲを引き起こす原因となる
  • スマホゲームでハゲたくないのなら、目を休ませて早寝する
【あとのまつり】市販の育毛剤で毛は生えない、薄毛をなんとかしたいのなら  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です