プロペシアの副作用|危険な1ヶ月献血できない理由とは?

献血カード

育毛剤としてとても有名なプロペシアですが、プロペシア内服薬にはさまざまな副作用の心配があります。

そこでここではプロペシアの副作用の1つでもある、「プロペシア服用中は献血できない理由」そしてプロペシアの副作用の危険度についてまとめています。

この記事はこんな方におすすめ!

  • プロペシアを使った発毛を考えている方
  • プロペシアの副作用について詳しく知りたい方
  • プロペシアを服用中は1ヶ月献血できない理由を知りたい方

プロペシアと献血の関係性

日本赤十字社東京都赤十字血液センターホームページ献血の基準でご遠慮いただく場合
日本赤十字社東京都赤十字血液センターホームページ

プロペシアの服用は献血とも密接に関係していて、

注意
服用すると副作用の問題から1ヶ月は献血できない

ことになっています。

病院や街角の献血センターに献血がしたくて行っても、もしプロペシアを服用しているとしたら献血を断られることがあるのです。

例えば日本赤十字社東京都赤十字血液センターホームページ内の「献血の基準-ご遠慮いただく場合」の欄には次のような記載があります。

以下の育毛医薬品(錠剤)を服用されている方は、次の一定期間は献血をご遠慮ください
  1. プロペシア(PROPECIA)・・・1カ月間
  2. プロスカー(PROSCAR)・・・1カ月間
  3. アボダート(AVODART)・・・6カ月間

一般的に献血を断られるケースというのは、

  • 体重が少ないと少ししか献血できない
  • 海外旅行から帰ってきたばかりの場合

このようなときは献血はダメと言われることがありますが、プロペシアを服用していると献血が全くできないのです。

どうしてなのでしょうか?

プロペシア服用中は献血ができない理由


プロペシアを飲んでいると献血は

  • プロペシアの服用中はもちろんのこと、服用後でも1ヶ月以上経過していないと断られる

ことになっています。

献血に行くとかならずそう言われます。

プロペシアの主成分であるフィナステリドは脱毛に効果的とされ、AGA治療の際多くの患者はプロペシアを服用しています。

フィナステリドには抜け毛を防ぐ働きがあるからです。

なのでプロペシアはミノキシジルとの併用で処方されることが多くなるのです。

ミノキシジルで頭皮の血流をアップさせ、同時にフィナステリドで抜け毛予防をするというダブル作用を狙っているんですね。

しかし、フィナステリドを服用中は献血ができません。その理由は、

フィナステリド成分は女性に輸血されると問題があるからです。

プロペシア服用中の献血が引き起こす恐怖とは?


プロペシアの主成分であるフィナステリドが含まれた血液は、男性には使えますが女性には使用できません。

というのも女性の血液中にフィナステリドの成分が混入すると、妊娠していた場合は胎児に影響が出る恐れがあるからです。

プロペシアのフィナステリド成分には胎児の奇形や機能器官不全になるといった不安が、拭い去れないのだそうです。

そうした危険を避けるため、プロペシア服用中の男性の血液は献血を断られます。

そのような血液が女性に誤って輸血されると妊娠や胎児に影響がでる恐れを考慮し、献血自体を受け付けていないのです。

なのでプロペシアを服用していた人が献血をできるようになるまでには、血液中のフィナステリド成分が完全に消えている必要があります。

プロペシア成分の消失期間は約1ヶ月かかるので、プロペシア服用を中止して1ヶ月経つまで献血は一切ダメです。

プロスカー服用中も献血はできません

オオサカ堂で購入できます

プロスカーはプロペシア同様にフィナステリドを主成分とする男性用脱毛治療薬ですので、プロスカーを服用中および服用後1ヶ月も献血はできません。

理由は上記プロペシアと同様です。

男性用脱毛症治療薬アボダートは一番献血ができない

オオサカ堂で購入できます

アボダートは『デュタステリド』を主成分とするプロペシア同様に内服用の育毛剤で、2015年9月に男性用脱毛症治療薬として承認された新薬です。

プロペシアの主成分であるフィナステリドと同じく前立腺肥大症の治療薬として以前から用いられており、新たな臨床試験で男性用脱毛症治療薬として有効性と安全性が確認され発売されました。

ですがこちらはその効力が強いのか、献血は6ヶ月間認められておりません。

プロペシアは献血できない理由、それは副作用の危険から


このように薄毛治療目的で病院で処方された薬でも、副作用の心配は拭い去れないということです。

育毛剤として処方されたクスリが女性や胎児に影響があるということは、男性のカラダにだけ無害だとは考えづらいですよね...

ですから薄毛治療でプロペシアを服用したいと思ったら、事前にシッカリ副作用のことまで調べておくほうがイイでしょう。

この記事のまとめ
  1. プロペシアの服用中はもちろんのこと、服用後でも1ヶ月以上経過していないと献血を断られる
  2. プロペシアの服用中に献血を断られるのは、副作用で妊娠中の胎児に影響が出る恐れがあるから
  3. プロペシアの他にも、主成分にフィナステリドが使われている場合は献血できない期間がある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です