プロペシアの副作用|胸水誘発の恐怖

聴診器

あとのまつりです。

薄毛対策でプロペシアを飲みつづけると「胸に水がたまる」ことがあるというのですが、本当なのでしょうか?

そこでここでは、プロペシアの服用と胸水誘発の関係についてまとめました。

この記事はこんな人にオススメ!
  • 薄毛対策でプロペシアを使おうと思っている人
  • プロペシアの副作用について知りたい人
  • プロペシアの服用と胸水誘発の関係について知りたい人

プロペシアで胸に水がたまる...

プロペシアの副作用には、胸水誘発というのがあります

一般的にプロペシアの服用で報告されている副作用としては、倦怠感、精力減退、EDなどが良く言われますが、中には胸水を誘発するという報告もあるのです。

胸水とは、胸にたまった水のこと、つまり

プロペシアを服用したら副作用で胸に水がたまってしまった...

という恐ろしい話です。

この現象は、いわゆる『むくみ』が原因と考えられています。

プロペシアで胸水がたまる理由

しばらくプロペシアを飲み続けると、副作用の兆候がでてくることがあります。

吐き気やめまい、顔のむくみ、これらはいずれもホルモンバランスが崩れて起こる症状です。

もちろんプロペシアには髪が濃くなる効果はありますが、副作用の見返りとして前出のような体にダメージが出てくることがあるのです。

ですから、プロペシアの服用には細心の注意が必要で、特に併用薬なくして服用すると、脈拍が上がり利尿効果が低下します。

そうすると、一般的なむくみ以外に胸に水がたまるという現象がでてしまいます。

つまりプロペシアは胸水を誘発することがあるので、最終的には心臓機能に影響をきたす可能性も否定できないのです。

胸水が溜まるのは普通のことか?

プロペシアの副作用で胸水誘発を招くと、

そこから重篤な病へと発展する可能性があるので大変危険

プロペシアで男性ホルモンやテストステロンを抑え、薄毛をストップさせるのはよいのです。

ですが、代償として副作用で胸水などを誘発する可能性があるので、服用に際しては医師の診断を仰ぎ、事前のテスト検査をしてからにすべき。

副作用を気にするのであれば、最初からプロペシアの服用はやめた方がいいでしょう。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です