プロペシアの副作用|筋肉への影響と下半身の冷え

筋肉

プロペシアを服用すると、副作用で筋肉に影響を及ぼすと言われています。

そこでここでは、プロペシアの副作用が筋肉に影響を及ぼすとされる理由と、下半身の冷えにつながる理由をまとめました。

この記事はこんな人にオススメ!
  • これからプロペシアを使ってみようと思っている人
  • プロペシアの副作用が気になる人
  • プロペシアの副作用が筋肉に及ぼす影響を知っておきたい人

プロペシアと筋肉と下半身の冷えの関係

プロペシアの服用したときの副作用として、下半身の冷えが起こることがあります。

というのも、

  • プロペシアは男性ホルモンを減少方向に働きかけるため、筋肉がつきづらくなることがる

体に筋肉がつきづらくなって減ってくると、消費エネルギー量は減ります。

筋肉がエネルギーを消費しないので、体の体温自体が下がる傾向に向かってしまうのです。

特に足の筋肉などは、カラダの中でも大きな筋肉。

この筋肉が減ってくると、当然のごとく体の冷えも大きくなる可能性は否定できません。

なので、元々体が冷えやすい人がプロペシアを服用する場合は、十分な注意が必要です。

薄毛と下半身の冷えの関係

そもそも薄毛となる原因には、下半身の冷えも関係しています

薄毛と下半身の冷えは一見まったく関係なさそうですが、実はしっかり関連していて、下半身が冷えると抜け毛が増えるメカニズムがあるのです。

  • 下半身が冷えると、代謝や免疫力が著しく低下するから

下半身が冷えて代謝や免疫力が著しく低下すると、細胞の活性化が低下し細胞分裂が停滞します。

ですから薄毛のためにプロペシアを使っていると、半年くらいの使用で特に下半身の冷えが出てくることがあります。

さらに下半身の冷えから、強い倦怠感が出ることもあります。

本当にプロペシアだけのせい?

これら全てがプロペシアの副作用と断定するのは難しいのですが、そうした副作用がでてくるケースがあるのは事実です。

発毛効果のあるプロペシアを服用して、薄毛の原因である下半身の冷えが出るのは不思議な感じがします。

ですが、発毛に効果的な薬が副作用として下半身の冷えや更年期障害、精力減退などを露呈するのは、カラダの反応として決して不思議ではないのです。

日頃ストレスが溜まっている人は、特に注意しないといけません。

この記事のまとめ
  • プロペシアには男性ホルモンを減少させるので、筋肉の低下に影響がないとはいえない
  • 筋肉量の低下は基礎代謝量を減らすので、熱を作らずカラダの冷えを呼ぶことがある
  • 可能性として、プロペシアを用いると下半身が冷えるという副作用がないとは言い切れない
【あとのまつり】市販の育毛剤で毛は生えない、薄毛をなんとかしたいのなら  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です