【プロペシアの効果と実感】いつからどのくらいで感じる?を調べてみた

プロペシア

あとのまつりです。

ここでは

「プロペシアの効果と実感は、使いはじめていつからどのくらいで感じるのか?」

についてまとめました。

こんな人にオススメ!
  • プロペシアの効果のことを調べている人
  • プロペシアの効果と実感はいつからどのくらいで感じるのか?を知りたい人
  • プロペシアを服用すると副作用があるのかどうかを知りたい人

リアップX5プラスを買ってはいけない人

プロペシアとミノキシジル

プロペシアは、ミノキシジルと同じく抜け毛治療で処方される薬。

主成分は『フィナステリド』という抗アンドロゲン薬の1つです。

では、抜け毛治療で用いられるプロペシアとミノキシジルには、どのような違いがあるのでしょうか?

プロペシアとミノキシジルの効果の違いとは?

プロペシアとミノキシジルの効果で大きく違うのは、ミノキシジルはそれ自体に発毛効果がある薬なのに対して、

  • プロペシアは脱毛を抑える効果のある薬

であるということです。

これはプロペシアに含まれる成分が、男性ホルモンに働きかけるから。

抜け毛の原因は、主として男性ホルモンの働きで起こるので、そんな男性ホルモンを抑制して、脱毛を防ぐ働きをするのが『プロペシアの効果』です。

プロペシアの効果を実感するのは体質改善できてから

プロペシアの効果は、『脱毛しやすい体質』という抜け毛の起こりやすいという『従来のカラダの働き』を作り変えることから始まります。

ですから、プロペシアを服用してスグに効果が現れるという性質のモノではなく、かなりの長期間は服用を継続しなければ、プロペシアの効果を実感できるようにはならないでしょう。

いわゆる『体質改善』をするイメージです。

人のカラダの細胞は、速い細胞では1ヶ月で約90%入れ替わり、遅い細胞でも約1年で入れ替わります。

筋肉は1ヶ月で約60%入れ替わり、遅い細胞でも約200日で入れ替わるとされています。

プロペシアの効果と実感はいつからどのくらいで感じるのか?

プロペシアを服用して、その効果を実感できるようになるまでに200日かかるとすると、最低でも6.6ヶ月は必要だということ。

それぐらい長期間服用をしないと、プロペシアの効果は実感できません。

ですから、半年以上の長期服用によって現れる『プロペシアの副作用リスク管理』も必要だということを、まずは覚悟しておくべきです。

プロペシアは薬自体も「0.2mg錠剤」と「1.0mg錠剤」などがあるので、本来であれば医師のアドバイスに従って強さを加減すべきなのは言うまでもありません。

AGA専門医の薄毛治療では、一般的にプロペシアで脱毛を防ぎ、ミノキシジルで毛髪を増やすという、プロペシアとミノキシジルを併用するパターンが多いです。

そして、プロペシアの効果を実感できるまでとなると、最低でも『6ヶ月以上』は使い続ける必要があります。

まとめ
  • プロペシアの効果を実感できるのは最低でも6ヶ月必要
  • プロペシアを6ヶ月服用となると副作用リスクも高まるので、シロウト考えで服用するのは危険
  • プロペシアの効果を実感しつつ副作用のリスクを減らしたいのなら、AGA専門医に診断・処方してもらうべき

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です