【ハゲは結婚できない?】ハゲ・チビ・デブでもモテれば別に良くね?っていう話

あとのまつりです。

私はいわゆる男の三大コンプレックスといわれる「ハゲ」「チビ」「デブ」に該当する男かも。

でも30歳で結婚し、今でも幸せな生活をすごしています。

なので、ここでは私の心からの「魂の叫び!」を聞いてください

はげでもいいじゃん!ハゲ・チビ・デブでもモテれば別に良くね?

こんな人にオススメ
  • 薄毛に悩んでいる彼女のいない男子
  • ハゲが原因で結婚できないと恐怖を感じはじめている男子
  • 彼女をつくりたいハゲ・チビ・デブ男子全員

私はハゲ・チビ・デブでも結婚できたし

これは、もしかしたら私の負け惜しみに聞こえるかもしれませんが、

  • 私の場合は女性に普通にモテることのほうが多かったという奇跡

私の場合、薄毛のきざしは24歳くらいからありました。

そして、身長165cmで体重80Kg(どちらかというと筋肉質にかろうじて見える、でも今は90kg超え…)ですから、ブラックマヨネーズの小杉さん的な腹の出た小デブ。

ハゲ・チビ・デブという、ある意味でメンズの究極型なワケです。

ですが私は、30歳で無事結婚できました。

ハゲ・チビ・デブでも「女にモテれば」別に困らない


じゃあ、顔がメッチャ男前かというと、決してそんなこともありません。

濃い顔系で目は二重ですが、ジャニーズ系とは程遠い。

まあ良く言って…「癒やし系?」と自分では思います。

笑顔がイイとよく言われるので。

ですから、若い頃から、結婚してから、そして現在のパーフェクトハゲになってからも、

  • 会社や仕事関係の女子から頻繁に食事や飲み会のお誘いを受ける
  • 口説くつもりもないのに、女性から好意を寄せられる
  • キャバクラに行っても普通にモテてマジLINEを教えられる

という感じで、さほどハゲ・チビ・デブであることが弱点ではないことが多かったんです。

薄毛でも困らないというか、ハゲ・チビ・デブでも全く不自由しない感じというか。

なので私は、本気で断言します、

  • はげてもいいじゃん!ハゲ・チビ・デブでもモテれば別にいんじゃね?

ハゲ・チビ・デブの私が一つだけある強み

それはもう、コレしか思いつきません。

  • 女子とは不思議と会話がうまく成立するところ

もともと人と話すこと自体が得意というワケではないんです

社会人になった時も、営業やセールスが苦手だと自分で分析していたので、営業する必要のない技術系の仕事を選んでいたくらいです。

でもですね、不思議と女子との会話は、中学生くらいの頃からうまくできていた気がします。

友人も、男子より女子のほうが多かったときもありますし。

なので、男友達と話をするよりも、女子と話をするほうが盛り上がるし、話を聞いてもらえる。

そんなことが多かったような気がしてなりません。

ハゲ・チビ・デブでもカッコ良くモテるのに必要なのは女子との会話力

つまり、私はなぜか不思議なことに

  • 自然に女子との会話力を体得していた

だから、さほどイケメンでもなく、高身長でもなく、高収入でもなく、高学歴でもなく、ハゲ・チビ・デブのおっさんになっても、特段女性に困ることもなく、楽しくヤレているのかもしれません。

私はラッキーだった。

でもですね、あなただって今から『女子との会話力』を身につけることは充分にできます。

その方法とは

  • 初対面の女性とでも、親密な関係になるために超えなければならない『3つの壁』を知って行動すること

初対面の女性と親密な関係になるために超えなければならない『3つの壁』とは?


初対面の女性とでも、親密な関係になるために超えなければならない『3つの壁』とは、次のことをいいます。

  1. 無視される壁
  2. 会話する壁
  3. 断られる壁
順を追って説明しますね。

1.無視される壁


たとえば初対面の女子の場合、ハゲ・チビ・デブだとほぼほぼ第一印象で相手にされない、無視されることがほとんどです。でもそれでは何も始まらないので、こちらからアプローチをしなければなりません。そのために必要な手段が、ハゲだろうとチビだろうとデブだろうど「まずは注目される」行動をするということ。これが最初のステップになります。

2.会話する壁


注目を集めて無視されなかったとしても、次にくる会話が成立しなかったらほぼほぼアウトで何もスタートできません。ですから「注目」された次は「会話」をしなければならないのですが、この会話こそが最大の難題と考える人が多いようです。でもですね、女子との会話で必要なのは「面白い話をする力」ではなく、「女子の話を引き出す力」だけ。つまりお笑い芸人さんのような女子を笑わせるトーク力ではなく、「トークを引き出す力=聞き上手になること」が重要だということです。

3.断られる壁


お目当ての女子と「会話」ができたら、あとは「その気」にさせるだけです。あなたの目的がおつきあいすることであろうと、エッチをすることであろうと、断らせなければイイだけ。そのためには「断る理由をすべて消す魔法のトークテクニック」を知っておくだけでOKです。

以上が「初対面の女性と親密な関係になるために超えなければならない3つの壁」の正体です。

そして、この3つの壁は、すべてトークのテクニックで乗り越えられるということ。

つまり、『初対面の女性と親密な関係になるために超えなければならない3つの壁』は、3つとも女子との会話パターンを知っておけば全然イケる。

あなたの見た目や体型、年齢や収入などはほぼほぼ関係なく、初対面の女子にモテるためには「会話パターンを知って」「使ってみる」だけ。

私はこの方法を偶然にも昔から使えていたので、「ハゲ・チビ・デブでもいいじゃん!ハゲてもカッコ良くモテれば別にいんじゃね?」と声高らかに主張するワケです。

ハゲ・チビ・デブでも初対面の女子にもモテるトーク術

とはいえ、今まで女子とのおつきあいが少ない人にとって、「初対面の女子にモテるためのトーク力を磨く」なんて、拷問。

メッチャ高いハードルかもしれません。

でも、実は、全然大丈夫なんです。

女子と会話をするのって、すべて「決まった型」があります。

だから、さまざまなシチュエーションにおける鉄板の会話型を知っておけば大丈夫

鉄板の会話型を知っているだけで、女子の雰囲気に飲まれることなく、会話を引き出すことができる。

どんなタイプの女子であろうと、あなたのトークという手のひらの上でコロコロできる。

そんな、初対面の女子にもモテるトーク術に興味がある人限定で、私はこんな方法をオススメしています。

  • ナンパ術から鉄板の会話型を知る

初対面の女子に声をかけるトーク術をナンパの台本で3つのキャラクター別に学ぶ方法です


  • 何ていって声をかけたらいいか分からなくても、ナンパの台本を読むだけでスンナリ声をかけられるように変わる
  • 声をかけても、そのあと何を話せば良いのか分からなくても、ナンパの台本を読むだけで会話を続けられるように変わる
  • 拒否されたら何て切り返せば良いのか分からなくても、ナンパの台本を読むだけで絶妙な切り返しとクスっと笑わせる方法がわかる

このノウハウを知ると、

  • 世の中の全人類の女性とエッチな関係を持つためのチケット手に入れた』と思える

それほど完成されたノウハウだと確信できるハズ。

また、ナンパの台本は、既におつきあいしている彼女や奥様を心から喜ばせるトーク術としても有効活用できます。

だから、ハゲ・チビ・デブだって全然大丈夫。

要は、女子に不自由しなくなりゃイイだけの話です。

女子は第一印象重視だから、ハゲ・チビ・デブは最初「眼中になし!」ってリアクションなんだけど、そこからがスタート。

このナンパの台本どおりのトーク術で、ジワジワ~と。

コレは、キャバクラで試してみると一番ワカル。

だからあなたはナンパの台本を読んだら、まずはキャバクラで実験してみてください

キャバクラで水割りをもらうシーン

あるいは、出会い系で試してみる的な

すると、きっとその成果に驚いて、目の前に無限のフィールドと夢が広がるハズ。

「どんな巨乳アイドル系でも、まったく別のスレンダー系美女でも、うひひ…」

ナンパの台本が神だとわかるハズ。

あなたが目をつけた女子と普通にトークができちゃって、そのままノリで口説き落として、その日のうちにちゃっかりエッチも...って、まさに神トーク術。

そんな生涯使える最強のトーク術ナンパの台本を今から知っておくだけで、ハゲ・チビ・デブは逆に武器になるという。笑

だって、ハゲ・チビ・デブは、最初は女子を「無警戒」にできるから。

そもそも、初対面の女子にモテるトーク術を自ら実体験しながら学習するとなると、莫大な時間が必要だし、お金だってかかるハズ。

だったら、ナンパトーク術の達人テクニックに弟子入りして学ぶほうが時短になるし、何だったら明日からでも使える。

だから、ハゲてもモテる男になりたいのなら、多少の投資をしても『得るモノ』が大きいほうが絶対にイイのです。

しかも、女の子と会話するのって『相手の心理を掴む』コツがわかるようになるということ。

ナンパの台本は仕事にも応用がバンバンできるし、取引先の窓口の女子とか、社内の同僚や部下にも普通に使えます。

要はあなたが『無双になれる課金アイテム』ってコトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です