はげてもいいじゃん!ハゲてもカッコ良くモテれば別にいんじゃね?

あとのまつりです。

はげてもいいじゃん!ハゲてもカッコ良くモテれば別にいんじゃね?

コレは私の魂の叫びであり、超本音です。

この記事はこんな人にオススメ!
  • 薄毛に悩んでいる彼女のいない男子
  • ハゲが原因で女子に声をかけることも恐怖になってきている男子
  • 彼女をつくりたい薄毛男子全員

今の私がパーフェクトハゲでも元気なのは

これはもしかしたら負け惜しみに聞こえるかもしれませんが、

  • 私の場合は女性に普通にモテることが多かったというキセキ

私の場合、薄毛のきざしは23歳くらいからありました。

そして、身長173cmであるものの体重80Kg(どちらかというと筋肉質にかろうじて見える、でも今は90kg超え…)ですから、ブラックマヨネーズの小杉さん的な腹の出た小デブ。

ハゲ&デブという、ある意味で究極型なワケです。

ハゲてもデブでも「女にモテればいい」別に困らない


じゃあ、顔がメッチャ男前かというと、決してそんなこともありません。

濃い顔系で目は二重ですが、ジャニーズ系とは程遠く、まあよく言って「癒やし系?」と自分では思います。

それでも若い頃から、そして結婚してから、そして現在のパーフェクトハゲになってからも

  • 会社や仕事関係の女子から頻繁に食事や飲み会のお誘いを受ける
  • 口説こうと思った女性はたいがいイケる
  • キャバクラに行っても普通にモテてマジLINEを教えられる

という感じなので、さほどハゲてまうことが弱点ではなかったことが多かった。

薄毛でも困らないというか、ハゲてても不自由しない感じというか。

なので私は本気で断言します、

  • はげてもいいじゃん!ハゲてもカッコ良くモテれば別にいんじゃね?

一つだけ私の強みを上げるとしたら

それはもう、コレしか思いつきません。

  • 女子とは不思議と会話がうまく成立するところ

もともと人と話すこと自体が得意というワケではないんです

社会人になった時も、営業やセールスが苦手だと自分で分析していたので、営業する必要のない技術系の仕事を選んでいたくらいです。

でもですね、不思議と女子との会話は、中学生くらいの頃からうまくできていた気がします。

友人も男子より女子のほうが多かったときもありますし。

なので、男友達と話をするよりも、女子と話をするほうが盛り上がるし、話を聞いてもらえる。

そんなことが多かったような気がしてなりません。

ハゲてもカッコ良くモテる、それは女子との会話力

つまり、私はなぜか不思議なことに

  • 自然に女子との会話力を身につけてまった

だから、さほどイケメンでもなく、高身長でもなく、高収入でもなく、高学歴でもなく、ハゲでデブのおっさんになっても、特段困ることもなく楽しく生きてきているのかもしれません。

私はラッキーだった。

でもですね、あなただって今からでも女子との会話力を身につけることは充分にできます。

それは

『初対面の女性と親密な関係になるために超えなければならない3つの壁』

を知って学ぶことです。

初対面の女性と親密な関係になるために超えなければならない3つの壁

  1. 無視される壁
  2. 会話する壁
  3. 断られる壁
順を追って説明します。

1.無視される壁


たとえば初対面の女子の場合、ハゲでデブだとほぼほぼ第一印象で相手にされない、無視されることがほとんどです。でもそれでは何も始まりませんから、こちらからアプローチをしなければなりません。そのために必要な手段が「まずは注目される」行動をするということ。これが最初のステップになります。

2.会話する壁


注目を集めて無視されなかったとしても、次にくる会話が成立しなかったらほぼほぼアウトで何もスタートできません。ですから「注目」された次は「会話」をしなければならないのですが、この会話こそが最大の難題と考える人が多いようです。でもですね、女子との会話で必要なのは「面白い話をする力」ではなく、「女子の話を引き出す力」だけ。つまりお笑い芸人さんのような女子を笑わせるトーク力ではなく、「トークを引き出す力=聞き上手になること」が重要だということです。

3.断られる壁


お目当ての女子と「会話」ができたら、あとは「その気」にさせるだけです。君の目的がおつきあいすることであろうと、エッチをすることであろうと、断らせなければイイだけ。そのためには「断る理由をすべて消す魔法のトークロジック」を知っておくだけなんです。

つまり、『初対面の女性と親密な関係になるために超えなければならない3つの壁』というのは、すべて女子との会話パターンを知って学ぶことでイケるということ。

君の見た目や体型、年齢や収入などはほぼほぼ関係なく、初対面の女子にモテるためには「会話パターンを知って」「使ってみる」ことです。

私はこの方法を知っているからこそ、「はげてもいいじゃん!ハゲてもカッコ良くモテれば別にいんじゃね?」と声高らかに主張するワケです。

初対面の女子にもモテるトークは型を知るだけ

とはいえ、今まで女子とのおつきあいが少ない人にとって、「初対面の女子にモテるためのトーク力を磨く」なんて、メッチャ拷問に近い難題かもしれません。

でも大丈夫。

女子と会話をするのって、すべて「決まった型」があるんです。

だから、さまざまなシチュエーションにおける鉄板の会話型を覚えておくだけで大丈夫。

鉄板の会話型を知っているだけで安心できますし、女子の雰囲気に飲まれることなく、どんなタイプの女子であろうとあなたの手のひらの上でコロコロできるという。

ですから、私はあえて、こんな過激な手法をオススメしています。

  • モテる男のスーパーナンパ術から鉄板の会話型を学ぶ

とはいえ、この方法は決して眉唾なモノではありません。

  • 10年以上、毎月2本、声がけからホテル入室までの実録音声をリリース。いくつもの手法を開発し解説している
  • 初対面の女子への声がけからクロージング完了(ホテル直行)までは平均40分、最近は更に進化し早くなってきている
  • 膨大なテスト(声掛けの失敗、反応の有無)と反復練習でナンパのテンプレートが完成している

この手法とノウハウを聞くだけで、

  • 世の中の全人類の女性とエッチな関係を持つためのチケット手に入れた』と思えるほど完成されたノウハウだと確信できる

また、このノウハウを知っていると、既におつきあいしている彼女や奥様を心から喜ばせるトーク術としても有効活用できます。

だから、ハゲたって全然大丈夫。

「はげてもいいじゃん!ハゲてもカッコ良くモテれば別にいんじゃね?」と君も自信を持って言えるようになる。

そんな勇気と生涯に渡って使える最強の武器です。

>岡田尚也のTheAutoVictorious365日返金保障、限定特典付【TAV】はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です