【あとのまつり】市販の育毛剤で毛は生えない、薄毛をなんとかしたいのなら

あとのまつりです。

私が市販の育毛剤を使い始めたのは、1990年代後半に日本初発売の初代リアップ(確かミノキシジル1%のヤツ)から。

そして、発毛を諦めた40代後半までに、薬局で購入するものから通販型のものまで、市販の育毛剤をたくさん利用してきました。

そんな私が出した結論は、

「市販の育毛剤はいくら期待して使い続けても、毛が生えてこない」

ということ。

あくまで私の場合であり、個人の感想に過ぎませんが、少なくとも私に市販のさまざまな育毛剤は全く効き目がなかった。

それだけは真実です。

この記事はこんな方におすすめ!

  • 市販の育毛剤に毛が生えることを期待している人
  • 市販の育毛剤を使おうかどうか迷っている人
  • 市販の育毛剤で毛が生えるのか真実を知りたい人

市販の育毛剤で毛は生えない科学的な理由

医薬品(一般的に薬(くすり)と呼ばれるもの)は、次のように定義づけられています。

医薬品の種類と効果順まとめ
  1. 医療用医薬品 ・・・ 医師が処方し薬局で調剤される薬
  2. 要指導医薬品 ・・・ 【市販医薬品】薬剤師対応~慎重に販売する必要があるもの
  3. 第1類医薬品 ・・・ 【市販医薬品】薬剤師対応~一部の毛髪用薬
  4. 第2類医薬品 ・・・ 【市販医薬品】薬剤師対応~かぜ薬・解熱鎮痛薬
  5. 第3類医薬品 ・・・ 【市販医薬品】薬剤師対応~整腸薬・消化薬・湿布
  6. 医薬部外品  ・・・ 医薬品と化粧品の中間的な分類、人体に対する作用の緩やかなもの
  7. 化粧品    ・・・ 皮膚等に塗布等するもので、作用の緩和なもの

上は効果が期待でき下にいくと効能は弱まるという、いわば「効能ランキング」みないな種類番付です。

このランキングに市販の育毛剤を当てはめると、次のようになります。

市販育毛剤の効果順まとめ
  1. 医療用医薬品 ・・・ AGA専門医の処方薬
  2. 要指導医薬品 ・・・ (該当なし)
  3. 第1類医薬品 ・・・ リアップX5プラス他
  4. 第2類医薬品 ・・・ (該当なし)
  5. 第3類医薬品 ・・・ (該当なし)
  6. 医薬部外品  ・・・ チャップアップ他
  7. 化粧品    ・・・ フィンジア他

一目瞭然ですよね。

発毛剤として日本で一番なリアップX5プラスは「第1類医薬品」、

第1類医薬品
薬局やドラッグストアなどで自分で選んで買えるもので、副作用、相互作用などの項目で安全性上、特に注意を要するもの。販売は薬剤師に限られており、販売店では、書面による情報提供が義務付けられている

その2ランク下に「医薬部外品(チャップアップ、ブブカ、プランテル)」、その下に「化粧品(フィンジア)」

当然の如く順番が下に行けば行くほど、2次曲線的に効果はゆるくなります。

つまり、「毛を生やす」ことを目的にするなら、医薬品的には最低でも第1類医薬品以上でなければ効果は期待できないということ。

更に「医療用医薬品」と「第1類医薬品」でも、これまた効能に雲泥の差が。

  • 「医薬部外品」の育毛剤は、AGA専門医に処方してもらう「医療用医薬品」よりも、ランク的には4つも下なのです

これでも君は、医薬部外品の市販育毛剤に「毛が生える効果」を期待できますか?

今まで市販の育毛剤にかかった費用を計算してみた

毎月1本リアップX5プラスを使い続けると標準小売価格は税込7611円ですから、年間にかかる費用は

  1. 7,611円×12ヶ月=91,332円

市販の育毛剤は、使い続けなければ効果が落ちてきますから

  1. 10年間 ⇒ 913,320円
  2. 20年間 ⇒ 1,826,640円
  3. 30年間 ⇒ 2,739,960円

つまり、市販の育毛剤を使うということは、私のように薄毛を諦めるその日まで育毛剤を購入しつづけなければならないことに他なりません。

AGA専門医で薄毛は根本的になおせるのか?

これは薄毛の症状にもよりますが、

  • AGA専門医の治療は半年から1年ほどで治療が終了するイメージ

AGAクリニックは、薄毛治療が終わったらそこで完了。

定期的なメンテナンスなども必要ありませんから、結果的に早く安く、薄毛から開放されます。

後悔しても後の祭り

私が育毛を諦めた40代後半になってようやく氣づいたこと、それは

  • 市販の育毛剤なんかに期待せず、最初からAGA専門医に相談してみるべきだった

私も10数年は市販育毛剤を使い続けましたから、最終的に100万円以上のお金をかけてしまったことになります。

無駄、まったくの無駄銭。

だってその結果は...

あとのまつり。

ちなみに、私は結婚してから薄毛が始まったので、奥様もさほどウルサく騒いだりはしませんでした。

ですが、心の中では「騙された!詐欺!!」って思っているかもと思いつつも、そのことを奥様に直接確かめることは怖くてできません。笑

50代後半にさしかかった今でこそ開き直っている私ですが、男として一番モテる時期を薄毛で過ごしました。

「あのときフサフサだったら、(当時出会ったあの娘とは)どうなっていたのだろう」

そんな思いが頭の中をよぎっても、すべては幻(まぼろし~)。

薄毛は全然待ってくれないので

薄毛って、始まっちゃうとノンストップで進行します。

つまり「時間との戦い」なんです。

君も薄毛で悩んでいるのなら、まずはAGA専門医の無料カウンセリングを受けてみて、いろいろ相談してみるべき。

君1人で悩んでいても、時間ばかり過ぎて、結局私のように致命的なところまで薄毛はジワジワ進行します。

しかも、薄毛って1人1人に個性があるのと同じように、私と君でも抜け毛と発毛の症状がまったく違うのです。

私のようにあきらめて薄毛を受け入れ、髪型をベリーベリーショートにして生きていくのももちろんアリ。

私、今は特に薄毛で困ってはいませんから。

でもですね、今はAGA専門医も私の時代と比べ技術的にかなりアップしているので、間に合うのなら1秒でも早く薄毛の本格治療を試してみたほうがいいかもしれません。

というのも、私が髪を諦めた時代と今は環境が全然違うから。

LINEで事前に無料相談できたり、オンライン診察で薄毛治療ができるようになった今だからこそ、できることがあります。

例えば↓こんなのとか
髪のクリニックSeed

薄毛治療にかかる費用も市販の育毛剤を使い続けることを考えたら遥かに安くなっているし、育毛剤の副作用の心配だって医師の診断であれば安心。

薄毛のことを氣にしているのなら、病気を早期発見・早期治療するつもりで君の薄毛と向き合ってください。

そうしないと、私と同じ道を歩むことになります。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です