【妊活要注意!】プロペシアを服用すると副作用で子供に障害が出る?

あとのまつりです。

プロペシアを服用すると副作用で子供に障害が出ることがある」という噂があります。

薄毛治療に効果的だと用いられるプロペシアですが、子供に障害なんて悪い影響を与えたら困りますよね。

一方で、

「プロペシアを飲むのは大人の男性だけなのだから、子供などには何ら影響がないのでは?」

と疑問に感じる方もいるでしょう。

ですが、プロペシアは子供ばかりか、子供を妊娠している奥さんにも悪い影響が出ると言われています

では、プロペシアを服用すると、本当に奥さんや子供に影響があるのでしょうか?

そこでここでは、プロペシアの副作用で子供に影響が出るのかどうかを調べました。

この記事はこんな人にオススメ!
  • プロペシアの副作用が気になる人
  • プロペシアを服用すると副作用で子供に障害が出ることがあると聞いたことがある人
  • プロペシアを服用すると、本当に奥さんや子供に副作用の影響があるのか知りたい人

プロペシアを服用した副作用は子供に悪い影響を与える?

薄毛治療のために用いられるプロペシアですが、妊婦やお腹の子供にどのような悪い影響を与えるかについて調べてみると、

  • プロペシアは男の子の子供に悪い影響を与える

という副作用報告のあることがわかりました。

男性の薄毛であるAGAは、男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が増えたことによって引き起こされます。

そしてプロペシアの主成分の「フィナステリド」は、男性ホルモンDHTの増加を抑えることで男性を薄毛から守ります。

ですが、その「フィナステリド」に小さな男の子が触れたら大変なことになるのです。

DHTが増えたせいで薄毛が進むということでDHTは悪者のイメージがありますが、実はDHTは小さな男の子の生殖器の発達にはなくてはならない存在

しかし、プロペシアの主成分である「フィナステリド」に幼い男の子が触れてしまったら、DHTの働きが抑えられてしまうことに。

生殖器の発達がおかしなことになってしまいかねません。

小さな男の子がいる家庭でプロペシアを服用するときは、要注意です。

妊娠中の女性は決してプロペシアに触れてはならない

プロペシアは小さな男の子だけでなく妊娠中の女性も触れてはいけないといわれています。

プロペシアをうっかり女性が触ったりしたら、フィナステリドを皮膚から吸収してしまう恐れがあるからです。

もし皮膚吸収してしまったら、将来生まれてくる子供の生殖器に障害があったり、生物学的には男の子として生まれたとしても生殖系がはっきりしない可能性があります。

妊娠初期は、まだ自分が妊娠していることに気が付かないこともあります。

ですから子供がほしいと思っている子作り中の時期から、プロペシアの服用には充分気をつけてください。

子供のいる家庭でプロペシアを飲むときに注意すべき点は?

妊活中、あるいは子供のいる家庭でプロペシアを飲むときに注意すべき点は、次のとおりです。

プロペシアは他の薬と一緒にしないで特別に管理する

家庭で使う薬を「まとめて薬箱で保管している」という家庭は多いでしょう。

ですが、その中には決してプロペシアを入れないようにしてください。

気をつけているから大丈夫だと思ったとしても、うっかり子供や妊娠中の女性がプロペシアに触れることもあります。

そのせいで子供やお腹の赤ちゃんが大変なことになったら大変なことに。

小さな子供ですと触るだけでなく、なんだろう?と思って「うっかり」口の中に入れてしまうかもしれません。

そうなったら、一大事です。

子供や女性が絶対に触れることがないように、プロペシアは他の薬とは別にして自分で保管するようにしてください。

プロペシア錠剤は絶対に割ったりしない

プロペシアはそのままでは薬の効果が強すぎるからと、錠剤を割って量を減らして飲む方もいます。

またはそうでなくても、たまたまプロペシアの錠剤が割れたり欠けたりしていることがあります。

プロペシアは、錠剤の状態であれば中身がコーティングされていますから、フィナステリドが出て来る心配はありません。

ですが、もし錠剤が割れていたら、成分が飛んで子供や女性の皮膚に吸収されてしまうかもしれません。

そうならないために、絶対にプロペシアの錠剤は割ったりしないこと。

成分が強いことに不安があるのならば、医師に相談して薬の含有量を変更してもらうなどをしてもらってください。

子供などが近くにいないか確認してから飲む

子供の近くでプロペシアを飲まないことも、大人が守らなければならない大切なことです。

子供は、気がつかないうちに父親のそばにすり寄ってくることがあります。

そのときに父親がもし薬飲んでいたら、薬に触れてしまって成分が体の中に入る危険があります。

また、プロペシアを飲もうと出したときに、たまたま割れていたりしたら、その近くにいた子供が、空気中に飛んだ成分を吸ってしまうかもしれません。

危険を避けるためには、大丈夫だと思っても子供の近くではプロペシアを飲まないこと。

プロペシアを飲むときは、周りにだれもいないかをよく確認してからにすること。

家の中だけでなく外に出ても同じです。

外でプロペシアを飲むときに近くに子供がいたら、誤ってプロペシアの成分を吸収させるかもしれません。

外でプロペシアを服用するときも、家の中と同じように十分気をつけてください。

安全にプロペシアを飲むためには家族に話しておくことが大切

プロペシアは薄毛解消を期待できる薬ですから、薄毛に悩む男性にとっては救いの薬ですが、家族には悪い影響を与えないとも限りません。

家族に影響をあたえることなく安全にプロペシアを飲むためには、

  • 家族にプロペシアを飲んでいることを話しておくこと
  • プロペシアには子供に危険な副作用があることを先に話しておくこと

あなたは充分気をつけていたとしても、家族がプロペシアのことをよく知らないでいると、どこかでうっかり触ったりしてしまうかもしれません。

トラブルを防ぐためには、事前に家族に話して、プロペシアについて理解してもらうようにしてください。

この記事のまとめ
  • プロペシアを服用すると、副作用で子供や奥様に影響を与えることがある
  • プロペシアを服用するときは、子供が近くにいないことを確認してから服用すること
  • プロペシアを服用するときは、先に家族に話をして子供に危険な副作用があることを理解してもらうこと


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です