育毛剤M-1で毛は生えなかったレビュー、M-1育毛ミストでもダメだった理由

あとのまつりです。

育毛剤M-1の口コミは本当なのか...

私は世界的に評価されているという育毛剤「M-1」も試してみたことがあります。

そこでここでは、育毛剤M-1についてまとめました。

この記事はこんな人にオススメ!
  • 育毛剤M-1で薄毛対策をしようと思っている人
  • 育毛剤M-1は毛が生えてくるかを知りたい人
  • 育毛剤M-1の利用レビューを知りたい人

育毛剤M-1とは?

育毛剤「M-1」は、2013年に開催された第7回世界毛髪研究会議において最優秀プレゼンテーション賞を受賞した「マイクロセンサー理論」を採用した育毛剤として知られています。

マイクロセンサー理論とは、まったく新しい発毛メカニズムのこと。

育毛シグナルを300%アップさせ、さらに脱毛の原因となるシグナルを最高70%も軽減するというこれまでにない育毛アプローチを実現。

最先端の技術が使われていることは間違いありませんが、強力な効果が期待できるぶん、副作用のリスクが気になるところ。

果たしてM-1には副作用があるのかどうか、実際に使って調べてみました。

副作用なしで使える理由は成分にあり

M-1を1ヶ月間ほど毎日使ってみましたが、結論から言うと、副作用はまったく起こりませんでした。

容器をプッシュすると育毛剤がミスト状になって出てくるのですが、まるで水のような軽いつけ心地。育毛剤にありがちなベタベタ感や嫌なニオイもありません。

頭皮にもすんなり浸透するので、液だれする心配もなく、朝晩ストレスなく使えました。

頭全体にまんべんなく塗りましたが、ヒリヒリした痛みや赤み、かぶれなどのトラブルもなかったので、肌が弱い人でも安心して使えると思います。

その理由は、配合成分をチェックしてみてわかりました。

育毛剤M-1は天然成分中心で、化学薬品は不使用

M-1の要であるマイクロセンサー理論は、加水分解酵母エキスの力で支えられています。

酵母とは、自然界のあちこちに存在する有用菌のひとつ。

味噌やチーズなどの発酵食品を作るために欠かせないものですが、栄養価が高く、人体に対してさまざまな効果をもたらすことから、調味料や食品添加物、化粧品などいろいろなものに活用されています。

頭皮においては、育毛シグナルの発信量を通常時の300%も増やすはたらきがあり、育毛の源と呼ばれる繊毛も約1.6倍アップすることが確認されているのです。

非常に強力なパワーを持つ成分ですが、自然界由来の天然成分なので、人体への悪影響はなし。

また、M-1では香料や着色料はもちろん、アルコールやパラベン、シリコン、酸化防止剤、鉱物油、石油系界面活性剤、合成ポリマー、pH調整剤などの化学薬品も一切使われていない無添加処方を採用しているので、副作用の心配なく安心・安全に使えます。

では育毛剤M-1で毛が生えたかというと

結果的には「あとのまつり」ですから。

う~ん、やっぱりですね、医薬部外品育毛剤で髪が生えてくる人というのは、薄毛の初期症状にいる人だと思います。

私のようにかなり進行してしまった頭皮には、いかなる医薬部外品育毛剤も太刀打ちできない。

だって第一類医薬品であるリアップX5プラスでもダメだったんですから、「そりゃあそうだよね」ってことです。

市販の通販型育毛剤に大きな期待をする気持ちは、私もワカリマス。

でもですね、本当に髪が生えてくるかどうかは、薄毛人にとって死活問題。

無駄にする時間もお金もナイのです。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です