【衝撃】ミノキシジルの副作用はペットにも悪影響があったという事実

あとのまつりです。

薄毛治療のために用いられるミノキシジル。

日本ではリアップX5プラスにミノキシジルが5%配合されていますが、このミノキシジルにはさまざまな副作用の心配がある成分です。

そして、ミノキシジル系育毛剤利用者のペットにも悪影響を与えたという報告があります。

この記事はこんな人にオススメ!
  • リアップX5プラスを使おうと考えている人
  • リアップX5プラスの主成分であるミノキシジルの副作用のことを知りたい人
  • ミノキシジルの副作用は肝臓だけでなくペットにも悪影響を与えるという理由を知りたい人

ミノキシジル系育毛剤に潜む意外な危険

「ミノキシジルを使いたくない」と公言している人は多いです。

その理由はミノキシジルの副作用やコスト的な部分を理由に挙げている人も多いですが、中には「ペットを大事にしている人」が声を上げているのかもしれません。

というのも、あまり知られていない事実なのですが、

  • 海外でミノキシジルを用いた育毛剤を使っていた飼い主の髪を舐めた猫が死にかけた

というまことしやかなウワサがあるからです。

そして、その情報をもとに、ミノキシジルを動物に用いた臨床実験が行われたそう。

すると、実際にミノキシジルにより内臓に異常が発生した動物の症例がいくつも確認されたそうです。

しかし、そのデータは小動物が多く、実際に人間で実験を行った時点では具体的な異常が見受けれなかったとも言われています。

とはいえ、たとえ人体に副作用が出にくかったとしても、ペット大国になりつつある日本です。

ペットを飼っている人は、ミノキシジル系育毛剤を日常に取り入れるのは避けたいところ。

ペットを危険から守りたい、そんな気持ちからミノキシジルを嫌う人も不思議ではありません。

ミノキシジルにまつわるネット上のウワサは多い

ミノキシジルには、服用している人が不安になるような噂もネットで流れています。

それは

  • ミノキシジルを開発途中に三名の方が亡くなっている

というものです。

そのウワサは、ロゲインという製品で知られているアメリカで3名、そしてリアップを製品化した日本でも3名の方が実際に亡くなられているという...

日本国内のリアップに関して言えば、使用者が60万人を超えている中での「3名」という数ですので因果関係を特定することは難しいとしています。

そしてリアップの製造メーカーである大正製薬自身も、この事実を認めた上で「原因不明」と発表しています。

ミノキシジルは肝臓に悪影響を与える可能性は否定できない

ミノキシジルはもともと高血圧の薬でもあること、また循環器系に影響が出やすいということ、これらはいずれも周知の事実ですから、製品に非があるとは考えなくても良いでしょう。

ですが、このような副作用が報告されているということは、体内で解毒を行う肝臓に影響が出ていないハズはありません。

たとえ頭皮に使ったミノキシジルだとしても、頭皮から毛細血管に吸収され血液に溶け込み、そして体内を巡って肝臓に到達します。

そして毒素分があれば、肝臓が体内毒素のクリーニングを担ってくれるのですから、そこに毒素が蓄積されて臓器にダメージが出てきます。

最近はネットでも医薬品を気軽に購入できる時代ですが、だからと言って安易に使うことには問題があるのかもしれません。

毛髪は「健康のバロメーター」とする考えもあります。

通常の成長サイクルを毛髪が行っていないということは、体内に何らかのトラブルが発生しているのかもしれない。

真剣に抜け毛対策を行うのであれば、根本的な体調管理の部分から原因がないかを確かめるところから始めるべきだということです。

この記事のまとめ
  • 海外ではミノキシジルを用いた育毛剤を使っていた飼い主の髪を舐めた猫が死にかけたというハナシがある
  • ミノキシジルを動物に用いた臨床実験では、内臓に異常が発生した動物の症例がいくつも確認された
  • 実際に人間で実験を行った時点では具体的な異常が見受けれなかったというが、ミノキシジルは肝臓に悪影響を与える可能性は否定できない
リアップX5プラスを買ってはいけない人|正しい挑戦と覚悟が必要な理由  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です