育毛剤の副作用

ミノキシジルの副作用はやっぱり怖い!その3つの理由とは?

ミノキシジル、特にミノキシジルタブレットの内服は副作用のリスクは侮れません。

諸外国では発毛剤としてミノキシジルタブレットを認可、推奨している国はなく、認可されているのは外用剤だけです。

ミノキシジルの経皮吸収とは?

外国でもミノキシジルを外用薬として使用しているスタイルは一般的です。

しかし副作用のリスクコントロールに不安があるため内服薬としての利用は、日本やインドといった限られた国しか取り組んでいないのです。

だからと言って外用薬として使う分にはリスクは抑えられるのでしょうか?

この記事を読む

ミノキシジルの副作用は肝臓だけでなくペットにも悪影響を与える!?


薄毛治療のために用いられるミノキシジル。日本ではリアップX5プラスにミノキシジルが5%配合されていますが、さまざまな副作用の心配もある成分なんです。

ミノキシジル系育毛剤に潜む意外な危険

ミノキシジルを使いたくないと公言している人は多いです。それはミノキシジルの副作用やコスト的な部分を理由に挙げている人も多いですが、もしかしたらペットを大事にしている人も声を上げているのかも知れません。

というのもあまり知られていない事実かも知れませんが、

海外でミノキシジルを用いた育毛剤を使っていた飼い主の髪を舐めた猫が死にかけた

というまことしやかなウワサがあるからなんです。

この記事を読む

セファランチン、脱毛症に対して育毛効果は?

セファランチンとは?

セファランチンという円形脱毛症に処方されている薬があります。

ツヅラフジ科の植物タマサキツヅラフジから抽出したアルカロイドないし、それを含む医薬品のことです。

脱毛症の治療薬としてはミノキシジルやプロペシアが有名ですが、セファランチンは粃糠性脱毛症と呼ばれる円形脱毛症の場合に医師から処方してもらえる薬です。

なのでこちらのほうが強力だという意見もありますが、日本皮膚科学会は男性型脱毛症にセファランチンは根拠がないので勧められないと評価しています。

 

セファランチンはアレルギーを抑える薬

セファランチンはアレルギーを抑える薬としても使われる薬で、古くは結核治療薬だったりハンセン病に処方されてきました。効能としては

末梢の血管を強くして血流を改善する働き

があるとされていて、その効果から頭皮の血流を改善して発毛を促す期待がされています。効能だけでいうとミノキシジルと同じ働きですね。

そしてセファランチンは脱毛症の中でも円形脱毛の優れた効果を発揮してくれることが多いとされています。

 

セファランチンの副作用

セファランチンは強い薬ですので一日の服用量が定められています。そして副作用の心配も次のとおり伝えられています。

頭痛や腰痛
アレルギーのショック症状(アナフィラキシーショックや蕁麻疹)
胃の不快感

効果を焦るあまり多めに服用しても人体に悪影響を及ぼしかねないことを意識しておくべきでしょう。

またセファランチンを服用したのに脱毛症に対して育毛効果がないという意見もネット上にはありました。

これは脱毛症を気にするばかりにストレスで脱毛が進行してしまう場合によく見られるケースのようです。

セファランチンでどれだけ血流を良くしても、ストレスによる心理的要因が脱毛症を改善する効果を奪ってしまうのです。

せっかく専門の医師から治療を受けているのですから、焦らずに処方されたセファランチンを決められた分量服用して経過を見守ることが大事ということでしょう。

 

副作用の心配がない薄毛治療の方法

『薄毛治療は一日も早く開始したい、でも育毛剤の副作用が気になる...』

という場合は副作用の心配がない内服剤=育毛サプリメントをセットで使える育毛剤を選ぶのが良いかもしれません。

このときチェックすべき点は

育毛サプリの配合成分がアナタの薄毛治療に効果がありそうかどうか?

こちらの記事では副作用の心配がない無添加育毛剤と育毛サプリがセットになった商品についてまとめています。

副作用の心配がない育毛剤の選び方はコウだった!…

この記事を読む

ミノキシジルは使うな!リスクから海外服用禁止も

ミノキシジルタブレットは安易に服用してはいけません。
ここではミノキシジルタブレットの危険性とその理由について書いています。

ミノキシジルタブレットを飲むリスク

育毛を考える人にはミノキシジルという言葉は、親しみ深いものになっているかも知れません。

日本の皮膚に関する専門学会では高ランクの評価を受けているミノキシジルですが、海外ではどのように扱われているのかをご存じでしょうか?

この記事を読む

▲ページトップに戻る