男性ホルモンを減らす5つの方法!ハゲホルモンを抑える力

男性ホルモンを減らす5つの方法!ハゲホルモンを抑える力

私の薄毛の原因を頭皮で作っているヤツがようやく判明しました。
なんと薄毛の原因をつくっている諸悪の根源は男性ホルモンらしいのです。

ワタシが薄毛になってしまう原因

ワタシが薄毛になってしまう原因を作っているのは、男性ホルモン。

テストステロンという男性ホルモンが、頭皮で5αリアクターゼと結びつき、強烈なハゲホルモンであるジヒドロテストステロンを作っている。

そしてジヒドロテストステロンが毛根にダメージを与え、抜け毛を促している。

これが原因みたいです。

ようやくここまでたどり着くことが出来ました。

ハゲる原因が解ったのですから、次にすることはハゲを止める、薄毛をストップさせる方法を調べてみることです。

 

男性ホルモンが増える理由

そもそも男性ホルモンが増えるのは、男らしいカラダになるためでしたよね。

筋肉を増やしたり、男性的なカラダにしたり、フェロモン出したり。

まあ、ワタシ的には自覚症状まったくナイんですけど、そうらしいです。

でもこのまま男性ホルモンが増加し続けると、もう髪の毛は生えてこない。

薄毛は続くよ、どこまでも~ということ。

そんな男性ホルモンを減らす方法、調べてみると5つほどありました。

攻撃的な感情を起こさないようにして、興奮する回数を減らす

イヤラシイことを考えことや、オナニーの回数を減らす

夜10時から翌2時までの育毛ゴールデンタイムに熟睡している

豆類(納豆、豆腐、豆乳)のタンパク質と大豆イソフラボンを摂る

緑茶を飲むと男性ホルモンの分泌が低減する

感情的になることや、短気をおこして怒ったりするのもダメです。

攻撃的感情になると、男性ホルモンがどんどん分泌されてしまうんです。

エロいことを考えると男性ホルモンがどんどん分泌されるってことは...エロ動画とか見てオナニー中はビンビン出てるんですね、テストステロンが。

早寝早起きで、育毛ゴールデンタイムには必ず寝る!

というのも確かに理想ですけど、お酒飲んだりテレビ見てると夜10時なんてまだまだ宵の口ですし。

そんな時間に熟睡するってことや夜9時30分には布団に入ってなきゃなりません。

しかも夜10時だと残業で遅くなったら一発アウトってことですよねえ...。

つまりいろいろ考えてみると、今スグできそうなコトというのは

納豆を食べて緑茶をガバガバ飲むこと

くらいです。ということは...

他にも何か髪に良いこと、頭皮に良いことをしないとハゲは止まらない

ということです。

 

その他に男性ホルモンを減らす方法

もう男性ホルモン全体をどうこうというよりも、ハゲの原因となるテストステロンを減らす方法を考えたほうが良いかもしれません。

つまりテストステロン⇒ジヒドロテストステロンを減少させてくれる働きのある育毛剤を使ってみるということ。

そして、髪の毛や頭皮の環境や体内環境までを整えてくれる健康サプリがセットになった育毛剤ならマチガイなしでしょう。

男性ホルモンの分泌を抑える
ジヒドロテストステロンの働きを抑制して脱毛を防ぐ
毛根や体内環境を整え髪がふたたび生えやすい状態にする

そんな育毛剤があれば、ワタシの髪もふたたび元通りにナル...はずなんです。

特に皮膚の弱い敏感肌症の私には、副作用のない優しい育毛剤。

今スグ探してみるのもアリですし、また今度って考えちゃうのもアリなんですけどねぇ...

 

副作用の心配がない薄毛治療の方法

『薄毛治療は一日も早く開始したい、でも育毛剤の副作用が気になる...』

という場合は副作用の心配がない内服剤=育毛サプリメントをセットで使える育毛剤を選ぶのが良いかもしれません。

このときチェックすべき点は育毛サプリの配合成分がアナタの薄毛治療に効果がありそうかどうか?
こちらの記事では副作用の心配がない無添加育毛剤と育毛サプリがセットになった商品についてまとめています。

副作用の心配がない育毛剤の選び方はコウだった!…

 

▲ページトップに戻る