ミノキシジルの副作用|ミノタブで不整脈になる理由

ミノキシジルの副作用|ミノタブで不整脈になる理由

ミノキシジルを服用しつづけると副作用で不整脈になると言われているのですが本当でしょうか?

ミノキシジルの本来の働き

ミノキシジルタブレットを、抜け毛対策として服用したことで体調が思わしくない状態になったという声は少なくありません。

本来は血圧に問題のある人を治療するための薬がミノキシジルです。

臨床検査により偶然発覚した強くて太い産毛などの発毛効果はむしろ副作用でした。

その結果からAGAの治療薬として見直されるようになったのがミノキシジルというわけです。

 

ミノタブを服用して不整脈になった?

ミノタブは心臓と血管に作用することが本来の目的ですので、服用後には従来とは違う血流の変化が想像されます。

その変化で起きる体のトラブルとは新しく起きるというものではなく、本来抱えているのに見えなかった問題を明らかにしたと考えたほうが良いかもしれません。

その代表的な症例の一つが不整脈です。

 

ミノタブが心臓に影響することは...

健康に問題がない人がミノキシジルを服用したことで心臓などに問題が起きることは考えにくいそうです

むしろ軽微な心臓疾患が血流変化により表面化し、そのきっかけ作りにミノキシジルが作用したと考える方が自然なようです。

副作用が起きるのではないかと不安視される人も、起きた場合に何らかの疾患を抱えていたのではないかという見方も必要かもしれません。

【良く読まれている記事はこちら】

プロペシアの副作用|危険な1ヶ月献血できない理由

▲ページトップに戻る