ハゲになる男性ホルモンとは?そもそも男性ホルモンってなんだろう??

ハゲになる男性ホルモンとは?そもそも男性ホルモンってなんだろう??

ここではハゲになる男性ホルモンのことについてジックリ調べてみました。

ハゲになる男性ホルモンですって?

でも気になりませんか?ハゲる原因の1つでもある男性ホルモンのこと。

そもそも男性ホルモンがどうなったらハゲまっしぐらになるのでしょうか?ちょっと気になったので、

ホルモンってそもそも何だ?

というところから調べてみました。

 

そもそもホルモンとは?

ホルモンとは体内にある細胞でしか作られない化学物質のことです。体内で作られる場所は

  • 脳の視床下部
  • 甲状腺
  • 卵巣、睾丸などの内分泌腺

で生産・貯蔵され、さまざまな刺激に応じて血管を通って分泌される物質で代謝の調節を行っています。

ちなみに代謝とは新陳代謝のこと。外から取り入れた無機物や有機化合物を素材として、体内で行う合成や化学反応です。

どうやらこの体内での合成や反応の過程でホルモンは造られているようです。う~ん、ちょっちムズイのでこれ以上のホルモン検索はパス。

では次に男性ホルモンのこと調べてみましょう。

 

男性ホルモンとは?

男性ホルモンとは男を男特有の体つきや思考回路に発育させるホルモンです。生産されるのは、副腎と睾丸。

fukujin

副腎は腎臓の隣にあって腎臓とは直接つながってはいない臓器で、睾丸はキン●マですね、いわゆる。ここで男性ホルモンは作られていて

  • 男性特有の筋肉質な体のラインにする
  • たんぱく質を筋肉や内臓に変える助けをする
  • 皮脂の分泌を促す
  • 体毛の発育を促す
  • 性欲を高める

という働きがあります。

ちなみに参考までに女性ホルモンは卵巣で作られ、

  • 女性特有の丸みをおびた体のラインにする
  • 女性の生理や妊娠をコントロールする
  • 肌や髪を美しく保つ
  • 骨を丈夫にする
  • 自律神経を安定させる
  • 記憶力を保つ
  • 食欲を抑制する

という働きです。

そして男性の体内でも女性ホルモンは作られ、女性の体内でも男性ホルモンが作られますが、その量は圧倒的に違っていて、男性は男性ホルモンのほうが主なのです。

男性ホルモンは思春期に増えた分泌量が30代でピークとなり、65歳くらいまでほぼ横ばいが続いた後緩やかに減少していくんだそうです。

30代って、そういえばワタシの抜け毛が始まった頃ですよね...

 

男性ホルモンの種類

健康な男子の場合、1日におよそ7mg程度の分泌がある男性ホルモン。

  1. テストステロン
  2. デハイドロエピアンドロステンジオン(DHEA)
  3. アンドロステンジオン
  4. デハイドロテストステロン

の主に4種類なのですが、役割の力と分泌量から考えて、多くの場合

  • 男性ホルモンといえばテストステロン

であると言われています。

このテストステロンがハゲと重要な関係性にあるそうなんですよ。

 

▲ページトップに戻る