副作用の心配がない育毛剤の選び方はコウだった!

副作用の心配がない育毛剤の選び方はコウだった!

ここでは副作用の心配がない、安心して薄毛改善ができる育毛剤の選び方を調べてみました。

医薬品に潜む副作用のリスク

当サイトでも調査レポートしているとおり、発毛効果があると言われている医薬品の発毛剤には、必ずと言っていいほど副作用のリスクがあるということです。

もちろん誰にでも絶対に副作用が発症するというワケではありませんが、この不安は拭えませんよね。

万が一、何かの副作用がオレに発症しちゃったらどうしよう...

という不安です。

でも育毛剤を使うのって、そんなにリスクを覚悟しなきゃならないのでしょうか?

副作用のない育毛剤って本当にナイのでしょうか?

 

リアップX5プラス(=ミノキシジル)とプロペシア

例えば当サイトでも取り上げている医薬品で超有名なリアップX5も2015年10月にリアップX5プラスにリニューアルとなりました。

 
リアップX5プラスは日本で唯一厚生労働省に認可された発毛剤で、主成分であるミノキシジルに発毛効果があるとされています。

ミノキシジルは血管拡張作用があるので、飲むと全身の血流を増加させ、当然頭皮の毛細血管への血流も増えるので発毛しやすくなるというメカニズムです。

そしてもう一つ育毛剤として有名なのがプロペシア。

ただプロペシア自体に発毛させる力はなく『抜け毛を防ぐ』という働きがあるだけ。

そのためプロペシアは、AGA治療ではミノキシジルと併用して処方されることが多い薬になっています。

⇒ プロペシアとその副作用に関する記事はコチラ

つまり髪の毛自体を生やす働きがあると日本で認可されているのは、ミノキシジルだけになります。

 

ミノキシジルの副作用

リアップX5プラスの主成分であるミノキシジルの副作用、調べてみると実はかなり報告されています。

まずリアップX5の取説には次のような注意事項が明記されています。

  • 今までに薬や化粧品などによりアレルギー症状(例えば、発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等)を起こしたことがある人

→ アレルギー症状を起こした時の状態を薬剤師にご相談ください。

  • 高血圧低血圧の人

→ 現在、治療を受けている場合は、治療を受けている医師に相談してください。

  • 心臓又は腎臓に障害のある人

→ 現在、治療を受けている場合は、治療を受けている医師に相談してください。

  • むくみのある人

→ むくみがひどい場合には、医師に相談してください。

  • 家族、兄弟姉妹に壮年性脱毛症の人がいない人

→ 脱毛症の種類の判断が困難な場合は、薬剤師にご相談ください。

  • 高齢者(65歳以上)

→ お客様の健康状態等を薬剤師にご相談ください。
また、現在、通院中の疾患がある場合には、かかりつけの医師にご相談ください。

  • 甲状腺機能障害(甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症)の診断を受けている人

→ 甲状腺疾患による脱毛の可能性があるため、治療を受けている医師に相談してください。

※リアップX5取扱説明書から抜粋

これらはすべてリアップX5プラスの箱の裏書きや取扱い説明書に実際に書かれている内容を転写したものです。

つまりミノキシジル系の育毛剤を服用した人に現れた副作用の症状をまとめると、

  • 本来高血圧用の治療薬であるため、低血圧になった
  • 接触皮膚炎(かぶれ)などの皮膚トラブル
  • 性欲減退
  • 日中の眠気
  • 頭痛
  • 動悸
  • 体重の増加
  • むくみ
  • 胸の痛み
  • 胸やけ

このようにミノキシジル系の育毛剤にはこれだけの副作用症状が報告されています。

実際に私もリアップX5プラスを試しに使ってみたら、原因不明の胸焼けが頻繁におこったことがあります。

リアップX5プラスが原因なのかはハッキリしませんが、使用を中止したら収まったという苦い経験です。

アメリカではミノキシジル使用の育毛剤を作る製薬会社のホームページに、精力が減退することや鬱になる可能性の高さに対して注意を促す掲載をするよう政府機関から指導がされています。

更にこれらの副作用はミノキシジルを服用を中止しても継続するケースがあった

ということも報告されています。

このように育毛効果は確かにあるミノキシジル系育毛剤ですが、一方で副作用の心配はつきまとうのです。

 

副作用のない育毛剤を選ぶ2つの方法

つまり副作用のない育毛剤を選ぶとなると、カラダに害を与える成分が入っていない自然由来の原材料を用いた

無添加の育毛剤

から選ぶことなります。

そんな無添加育毛剤、今なら次の2つの方法があります。

1.ミノキシジルと同様の育毛効果がある無添加の育毛剤から選ぶ
2.副作用のない最新の育毛成分が配合された育毛剤から選ぶ

 

1.ミノキシジルと同じ効果がある無添加の育毛剤

ミノキシジルとM-034比較表

この表はミノキシジルと最近注目されている育毛成分M-034の毛髪再生率を比較したものです。

M-034成分とは北海道のミツイシ昆布から抽出された育毛に効果がある海藻(褐藻)エキス。

原材料が昆布から抽出された海藻(褐藻)エキスが配合された無添加の育毛剤なら、副作用の心配はありません。

 

2.最新の育毛成分が配合された育毛剤

ミノキシジルが育毛剤として流用されはじめたのは1980年代のこと、いまから35年以上も前のコトです。

リアップX5が発売されたのは2009年5月ですしね。(リアップX5は2015年7月リアップX5プラスにリニューアル)

そして今、時代と科学の進歩は大いに進み、注目の育毛新成分というのが発見されています。

ミノキシジルの3倍以上の発毛成分キャピキシル

このキャピキシルは植物由来の原料で、ミノキシジルのような副作用の心配が一切ナイのが特徴なのだそうです。

キャピキシル(Capixyl)
カナダのLUCAS MEYER COSMETICS社(カナダ)で開発された、『アカツメクサ花エキス』と『アセチルテトラペプチド』を含む複数の成分によって構成された植物エキスとペプチドを含む新しい化粧品原料。アカツメクサに含まれるビオカニンA(イソフラボンの一種)は、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を促す5αリダクターゼを抑制すると報告されている。

そんな今最も注目されている育毛新成分キャピキシルが一番高濃度に配合された育毛剤がフィンジアで、2015年8月に発売開始の最新育毛剤です。

しかもフィンジアには、辛いものを食べたときに毛穴が広がって汗が出やすくなるというカプサイシン効果まで配合されています。

年齢とともに固くなってくる頭皮と毛穴を広げる作用で、新しい育毛新成分をグイグイ浸透させるというんです。

新発売の、しかもミノキシジルの3倍の効果がある新成分が高濃度に配合された育毛剤、これはメッチャ気になります。

 

▲ページトップに戻る