プロペシアの副作用で全身が毛深くなるのは本当か?

プロペシアの副作用で全身が毛深くなるのは本当か?

プロペシアは飲む育毛剤といわれていますが、毛が増えるのは頭皮部分の薄毛だけではナイのです。

プロペシアの意外な副作用

プロペシアの副作用には、毛深くなるというものがあります。

育毛のために飲む薬なので、毛深くなるのは有難いことなのですが、ちょっと困ったことに、

髪の毛以外の全身が毛深くなる

ことがあります。

アタマの薄毛部分の髪の毛は生えてこないのに、手足の毛が濃くなってしまうという副作用です。

太ももやすね毛、腕の毛が特に濃くなる人がいます。

 

副作用でまつげが伸びる

プロペシアを服用し続けるとまつ毛が長くなったりすることもあります。

しかし、男性の場合、まつ毛が長くなっても嬉しくありません。

下手をすると女の子っぽい目になってしまいます。

いずれにせよ、プロペシアを服用して体毛が濃くなっても、髪の毛が薄いままでは何もなりません。

こうした症状は明らかに副作用なので、体毛が薄い方がいい人は避けた方がいいかもしれません。

 

プロペシアの一時的な副作用?

しかしこれはプロペシアの一時的な副産物として捉えることもできます。

手足の毛が濃くなってきた場合、もう少し頑張れば髪の毛も生えてくる可能性はあります。

もちろんこれはまったく根拠はありませんが、

プロペシアは飲む育毛剤なので、髪に直接つける塗布タイプの育毛剤より内服するタイプのほうが効果が高い

といえます。

カラダの内側から毛の増えやすい体質に生まれ変わるのは、やはり体内から髪が生えやすい栄養素をどんどん取り入れて、体質改善を図るのが一番効果的なのです。

このような内服薬はコツコツ継続していけば、髪の毛が濃くなる可能性はありますから、

副作用があってもハゲを治したい人

はチャレンジしてみる価値はあるかもしれません。

【良く読まれている記事はこちら】

プロペシアの副作用|危険な1ヶ月献血できない理由

 

▲ページトップに戻る