プロペシアの副作用|生理不順になるウワサとSEX

プロペシアの副作用|生理不順になるウワサとSEX

薄毛改善のためにプロペシアを服用すると、その副作用でパートナーの女性が生理不順になったりするとウワサされています。
ここではプロペシア服用中のパートナーとのSEXを含むふれあい方について書いています。

プロペシアは男性専用の薬

まず最初に書いておきますが、

プロペシアは男性専用で女性は服用してはいけない

ことになっています。

特に妊娠中や授乳中の女性は、プロペシアに触わるだけでも危険であると言われています。

それはプロペシア錠剤に触れるだけで薬剤が皮膚吸収されるからです。

特に妊娠中の女性の場合は、胎児に悪影響を与える恐れがありますから絶対に触ってはいけません。

胎児の性器の機能不全や発育不良の原因になると言われているからです。

 

生理不順とSEX

プロペシアは内服による男性専用の脱毛症薬で、女性が興味を持ったとしても服用してはいけません。

仮に服用したとするとホルモンの作用により、

性欲減退、生理不順

などの副作用がでてきてしまうでしょう。

またプロペシアの副作用には生理不順があるとも言われていますが、これはホルモン作用があるからで、SEXやフェラなどで女性に影響があるワケではありません。

ですが、男性が寝る前にプロペシア錠剤を飲んでスグにSEX...

という場合は口の中にプロペシアの成分が残っていることも考えられますよね。

なので妊活中のプロペシア服用は男性でも注意が必要なのです。

ですがプロペシアは男性型脱毛症に効く薬で、そもそも女性は使ってはいけないのです。

 

ミノキシジルなら女性もOK

男性の場合は男性機能が低下する恐れがあり、腹痛や下痢、頭痛や肝障害などの副作用が起きる場合があります。

プロペシアは男性にとって非常に有効な育毛手段になるのですが、女性にとっては怖い存在です。

プロペシアは女性は服用できませんが、同じような効果を発揮するミノキシジルであれば服用することができます。

しかし、ミノキシジルも飲む薬になるので、当然、生理不順などの副作用があります。

【良く読まれている記事はこちら】

プロペシアの副作用|危険な1ヶ月献血できない理由

 

▲ページトップに戻る