プロペシアの副作用|癌になる恐怖との戦い

プロペシアの副作用|癌になる恐怖との戦い

プロペシアを服用すると癌になる?本当なのでしょうか??
ここではプロペシアとガンの関連性について書いています。

プロペシアを服用すると癌になる?

プロペシアの副作用で一番怖いのが

発がん性のこと


で、プロペシアには発がん性があるとまことしやかに言われています。

しかし、実際にそれが医学的に証明されているわけではありませんし、副作用として癌が発症したという事例も指摘はされていないのです。

 

プロペシア日本で認可されている医薬品

プロペシアは、厚生労働省に認可されたAGA治療薬で、日本の厳しい検査をパスしています。

薬事法に基づき、医薬品の安全性を確認した上で厚生労働省が認可した薬

なので、そもその発がん性があるというのはおかしな話なのです。

日本国内で認可された正規品なので、当然、発がん性のリスクはクリアしています。

それにもかかわらず、プロペシアの発がん性が提起されているのは、プロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアをコーティングしているキノリンイエローに発がん性の疑いがかけられたからです。

 

プロペシアの発がん性で疑わしきはジェネリック

クスリのコーティング剤として利用されていた

  • キノリンイエローのタール色素に発がん性の疑い

があったのです。

日本ではキノリンイエローは食品への添加が認められていません。

一方、他の国では食品への添加が認められています。

実際、キノリンイエローの発がん性についてはまだハッキリしていないのですが、ネットで噂になったことから一気に火がつき、プロペシアの副作用として、発がん性が指摘されることになったのです。

しかし正規品であるプロペシアには、キノリンイエローはコーティングされていませんから、プロペシア=発癌性アリと捉えるのはウワサ話のレベルと言ってもいいのでしょう。

【良く読まれている記事はこちら】

プロペシアの副作用|危険な1ヶ月献血できない理由

 

▲ページトップに戻る