プロペシアの副作用には胎児の性器奇形という報告も

プロペシアの副作用には胎児の性器奇形という報告も

プロペシアの副作用に関する報告事例には「胎児の性器奇形」という大変ショッキングなものがあります。
ここではプロペシアを服用することで胎児の性器奇形が起こる危険性について書いています。

胎児に奇形のリスク

プロペシアを服用している時の副作用として、

  • 胎児の性器奇形が出現する

という話があります。

要するに
プロペシアを服用中に子供を作ると、胎児に奇形のリスクがある

というわけです。

なので胎児への影響を考えると、子作りの1ヶ月以上前にはプロペシアの服用を中断すべきです。

このように聞くと、プロペシアを服用するのは躊躇しますよね。

 

本当に奇形になるのか?

女性もまた、プロペシアを服用している状態で妊娠するとお腹の子供が生まれた時、性器奇形の恐れがあると言われています。

しかし実際には、これは噂の域を出ません。

プロペシアの副作用には、生殖器に関わる物が多いので、そうした噂が広まったようです。

一部では精子に元気がなくなるので、

  • 体の弱い子供が生まれる
  • 障害をもった子供が生まれる可能性が高い

とも噂されていますが、そうした事実はありません。

 

本当に危険なのはコレ

実際に危険性があるのは女性がプロペシアを服用した場合で、割った錠剤に触れてしまったケースなどです。

男性がプロペシアを服用しても精液に含まれている量は微量なので、奇形児が生まれるリスクは極めて少ないと言われています。

なのでプロペシアの服用を続けても普通に元気な赤ちゃんが生まれるケースの方が多く、現時点でプロペシアの服用によって奇形児が生まれたケースはないとされています。

でももし...

大丈夫だと思っていても胎児の性器奇形が起きてしまったら、きっと後悔することになると思います。

子作りのときにプロペシアの服用を続けたことを...。

【良く読まれている記事はこちら】

プロペシアの副作用|危険な1ヶ月献血できない理由

 

▲ページトップに戻る