プロペシアの副作用や後遺症問題について

プロペシアの副作用や後遺症問題について

【引用:がん情報サイトhttp://cancerinfo.tri-kobe.org/index.html】

プロペシアの副作用や後遺症とは?

プロペシアには実は様々な副作用や後遺症が報告されています。

そのうちの一つとして、

内臓への影響

があります。

特に肝臓に対する悪影響が最も指摘されています。

実際プロペシアの副作用は他にも色々あると言われていて、様々な症状が現れています。

毛が生えるはたらきは確かにあるのですが、副作用があるのもまた事実です。

そしてその多くは、内臓への影響といった報告なのです。

 

プロペシアの副作用事例

一般的には、

  • 性欲の減退
  • 勃起力の低下
  • 精子の減少
  • 肝機能障害
  • 慢性疲労
  • うつ

などがプロペシアの代表的な副作用と言われていますが、これらの症状は全て内臓がダメージを受けたことに起因しています。

そしてまた服用を中止したあとも、それらの後遺症に悩まされるリスクがあるのです。

 

プロペシアの安易な個人判断での服用は危険

プロペシアの主成分であるフィナステリドは非常に働きが強く、育毛治療に大きな効果を発揮しますが、元々は前立腺肥大症の有効薬です。

前立腺肥大症に使用する場合は服用量が多くなるので、副作用に悩む確率がより多くなります。

ですが育毛治療に用いる使用量はかなり少ないので、副作用に悩まされる確率は極めて低いと言われているのですが...

その報告はあくまでも製造・販売サイドで意見であり、内臓の違和感や性欲減退などの副作用はよく報告されていますから鵜呑みにすることはできません。

プロペシアの副作用として、内臓への影響が心配されることを覚えておきましょう。

副作用はプロペシアを飲めば必ず起きるというものではありません。

ただ、内臓への影響があることをきちんと納得したうえで、医師に処方してもらう必要のある怖いクスリであることを忘れてはなりません。

【良く読まれている記事はこちら】

プロペシアの副作用|危険な1ヶ月献血できない理由

 

▲ページトップに戻る