プロペシアの副作用|骨密度検査で骨粗しょう症

プロペシアの副作用|骨密度検査で骨粗しょう症

ここではプロペシアの副作用?なのか、骨密度検査で骨粗しょう症と診断された事例について書いています。

プロペシアと骨密度検査

プロペシアの副作用の影響なのか、骨密度検査で異常が出る人がたまにいます。

プロペシアを長期間服用した場合、そうしたケースが稀にあるようです。

プロペシアには肝機能や内臓への影響が副作用で出ることはよく知られています。

ですからプロペシアの副作用によって肝臓の数値が上がったり、骨密度の検査で異常が出るのは、充分考えられることです。

 

骨密度の異常は...

プロペシアによる骨密度の異常についてはあまり知られていませんが、

間接的に作用することで生じる症状である

と推測できます。

なので気になるのであれば、プロペシアの服用を中止した方がいいかもしれませんが、止めたからといって骨密度の数値が改善されるとは限りません。

 

骨粗しょう症との因果関係は...

実際、プロペシアの副作用と噂されている骨密度との因果関係は、まだはっきりしていないようです。

ただ明らかなのは、

プロペシアを何年も飲み続けると、肝臓と骨密度に何らかの影響を与える可能性は高い

ということです。プロペシアも薬なので肝臓に影響を与えるのは確かで、結果的に骨粗しょう症になることもあるかもしれません。

しかしどんな薬にも副作用はつきものですから、一概にプロペシアだけが原因であるとは言い切れないのです。

どんな症状が出てくるかワカラナイ...これが副作用の怖さでもあり、不思議なところでもあるのです。

【良く読まれている記事はこちら】

プロペシアの副作用|危険な1ヶ月献血できない理由

 

▲ページトップに戻る