プロペシアの副作用で肝臓の数値や血液検査数値が悪化するのは本当?

プロペシアの副作用で肝臓の数値や血液検査数値が悪化するのは本当?

プロペシアは飲むタイプの育毛剤ですから、一般のクスリと同様に内服後は肝臓や腎臓で分解されます。

このときに現れるのがプロペシアの副作用症状で、肝臓の機能数値や血液検査の数値に影響を及ぼすことがあるのです。

プロペシアと肝臓の関係性

プロペシアを服用すると、

副作用として肝臓の数値や血液検査数値が悪化する

ことがあります。

プロペシアも薬なので、そうしたことは十分に起こり得ます。

特にプロペシアは塗るタイプの育毛剤ではなく内服薬であることから、肝機能へ何らかの影響があるのは当然のことで、場合によっては肝機能の数値悪化は十分考えられます。

 

プロペシアが肝臓に与える影響

プロペシアを服用すると、一時的に男性更年期障害のような症状に陥ることがあり、身体的影響が色々と出てきます。

プロペシアは摂取すると体内では肝臓で分解されるので、肝臓の機能が低下していた場合、人によっては十分に分解・排泄が行われず、体内に悪影響を及ぼす可能性はあります。

それゆえすべての人に問題が生じるわけではありませんが、プロペシアが肝臓に悪いというのは事実で、結果的に肝臓の数値や血液検査数値の悪化を招くことがあります。

 

プロペシアを飲んで不安に感じた場合は

プロペシアも薬なので、ある程度、肝臓に負担がかかるのは仕方がありません。しかし

普段から肝臓機能に不安を感じている人は、最初からプロペシアは服用しない方がいい

でしょう。

もしプロペシアを服用してなんとなく気分が悪くなってきたら、服用を中止して検査を受けてみましょう。

その後に肝臓の数値や血液検査数値が改善されたのであれば、やはりプロペシアの副作用であったと言わざるを得ません。

その場合はそれ以後、絶対に服用は再開しない方がいいでしょう。

【良く読まれている記事はこちら】

プロペシアの副作用|危険な1ヶ月献血できない理由

 

▲ページトップに戻る