プロペシアの副作用|うつ病を引き起こす

プロペシアの副作用|うつ病を引き起こす

プロペシアを服用することで「鬱病」を引き起こすことがあると言います。

ここではプロペシア服用とウツ病の因果関係について書いています。

プロペシアでうつ病になる?

AGA治療薬として処方される

プロペシアの副作用でうつ病になることがある

というのをご存じでしょうか?

これはプロペシアの主成分による作用が影響していると言われており、それだけ薬の副作用が強いことを示しています。

実際にプロペシアの副作用でうつ病になる可能性は、治験的な報告からも多数指摘されていることなんです。

 

プロペシアで主成分が原因

プロペシア主成分であるフィナステリドには、色々な副作用が懸念されていて、そのうちの1つがうつ症状です。

なぜフィナステリドでうつ病になってしまうのかというと、利用者の男性ホルモンに影響があるからです。

これは直接男性ホルモンの機能を抑制したりするわけではないのですが、

脱毛を防ぐ酵素を阻害する働きがあるホルモンの分泌を減らす

作用があるのです。

もちろんこの作用は、薄毛改善には効果があるのですが...

 

男性ホルモンは男に重要

男性ホルモンは、筋肉やタンパク質を作る働きがあります。

そう言う意味で男性ホルモンには色々な役割りがあり、脱毛症以外の観点から見ると男性にとって必ずしも悪者とはいえない存在です。ですが

プロペシアを服用すると、性欲が下がり抑うつに関係する神経活性ステロイドをも減少させてしまいます

そうなると仕事がつらくなったり、集中力が続かなくなり、何となく元気がなくなってきます。

そして楽しい感情がわかなくなり、やがて倦怠感的な症状になって、うつを実感するようになります。

イライラしやすくなり、精神的に不安定になります。

このように薄毛治療に用いたプロペシアが、結果的に利用者の元気を奪う形となって、副作用によるうつの精神状態に陥ってしまうということなのです。

薄毛を改善するためにはじめたプロペシアなのに...

ハゲを気にせずに明るい未来を送るために育毛活動をはじめたのに...鬱になるのってあんまりですよね。

【良く読まれている記事はこちら】

プロペシアの副作用|危険な1ヶ月献血できない理由

 

▲ページトップに戻る