プロペシアとは?その効果は果たして本物なのか??

プロペシアとは?その効果は果たして本物なのか??

ここではプロペシアとその効果は果たして本物なのか?について書いています。

プロペシアとは?

プロペシアとはミノキシジルと同じく抜け毛治療で処方されることが多い薬で、主成分はフィナステリドという抗アンドロゲン薬の1つです。

ミノキシジルはリアップX5などの主成分です。

では抜け毛治療で、プロペシアとミノキシジルにはどのような違いがあるのでしょうか?

 

プロペシアとミノキシジルの違い

プロペシアとミノキシジルとの大きな違いとしては、ミノキシジルは発毛効果があるのに対して、

プロペシアは脱毛を抑える薬

であるということです。

これはプロペシアに含まれる成分が、男性ホルモンに働きかけるからです。

抜け毛は男性ホルモンの働きで起きていると言われているので、男性ホルモンを抑制して脱毛を防ぐ働きをするのがプロペシアの効果と言えます。

 

プロペシアの威力

プロペシアの働きは、脱毛という体の働きを作り変えるということになるので、即座に効果を求めるのではなく6ヶ月以上は服用を継続しなくてはいけません。

それぐらい使い勝手が難しい薬であるということを念頭に置くべきでしょう。

薬自体にも0.2mgの錠剤と1.0mgの錠剤の二種類に分かれているので、医師のアドバイスに従って強さを加減すべきなのは言うまでもありません。

一般的にはプロペシアで脱毛を防ぎ、ミノキシジルで毛髪を増やすという併用するパターンになっています。

プロペシアは基本的に日本では病院で処方される薬ですから、副作用も当然あると考えるべきでしょう。
 
【オススメの記事】
プロペシアの効果、1日にどれくらい使えば良い? >>
 

▲ページトップに戻る