育毛剤の副作用で体毛が濃くなるのはどんなものか?

育毛剤の副作用で体毛が濃くなるのはどんなものか?

ここでは育毛剤の副作用で体毛が濃くなるのはどんなものがあるかについて書いています。

育毛剤の副作用で体毛が濃くなるケース

育毛剤使うと副作用で体毛が濃くなることがあります。このケースは、

ミノキシジルを主成分とした育毛剤を服用した場合

に起こります。

育毛剤の副作用で毛が濃くなるとは、

頭髪以外の体毛が濃くなる

現象を意味しています。

体毛が濃くなる場合、一般的に、腕の毛や胸毛、スネ毛などが必要以上に濃くなってきます。

 

ミノキシジルの副作用

育毛剤の副作用で体毛が濃くなるのは、ミノキシジルという成分に原因があります。

そもそもミノキシジルは、高血圧患者の血管を拡張させるために開発されたもので、その治療の際に、患者の体毛が濃くなったという報告事例が多数寄せられたのです。そのことで、

  • ミノキシジルには毛を濃くする効果があると新たに発見され育毛剤に転用された

ものなので、体毛が濃くなる副作用というのは、十分に考えられることなのです。

ミノキシジルには血行不良を改善する作用があるので、服用すると頭皮の毛根以外にも栄養が行き渡りやすくなります。その結果、

  • 頭髪よりも先に他の部位の毛が濃くなる

という現象が起きてしまうのです。

 

育毛剤の副作用で体毛が濃くなるのを防ぐには?

内服のミノキシジルは、有効成分が全身に回るので、体毛がどうしても濃くなりやすいです。

そうしたミノキシジルの副作用が気になるのであれば、塗布タイプがおすすめです。

塗った箇所にした成分が浸透しないので、比較的、体毛が濃くなる副作用を抑止することができますが、内服薬ほど効果があるかどうかは...。

【良く読まれている記事はこちら】

プロペシアの副作用|危険な1ヶ月献血できない理由

 

▲ページトップに戻る