育毛剤の副作用、初期脱毛が1ヶ月で止まるのは本当?

育毛剤の副作用、初期脱毛が1ヶ月で止まるのは本当?

副作用の報告が多い育毛剤を使用した場合、初期脱毛という症状が起こることがあります。この初期脱毛症状について調べてみました。

薄毛が気になる人の行動パターン

鏡を見て頭のつむじの薄毛が気になりだすと、そろそろ育毛剤や育毛シャンプーを利用しようかな...と思う方も少なくないでしょう。

そして取り急ぎ、お手軽なスカルプケアシャンプーなどから育毛ケアをはじめる方が多いのですが、実は

シャンプーには育毛の効果はほとんどありません

スカルプケアシャンプーなどは頭皮を清潔にしてくれる働きがあるだけで、即座に育毛効果が出ることは殆どなく毛髪が健やかになるには長い時間を必要とします。

なので次にはなにか抜け毛を防いでくれるモノを探すワケです。

 

抜け毛を防ぐ育毛剤

ところが残念なことに、抜け毛を防ぐ育毛剤というのも実はありません。

多くの育毛剤は、すでに生えそろった髪の毛が抜けないようにするのではなく、これから生えようとしている髪を太くたくましく育てるほうに主眼を置いているからです。

日本で唯一、発毛するクスリとして認められているリアップX5などもそうです。

ですがリアップX5に使われている主成分のミノキシジルには

初期脱毛が起こるリスク

というのも指摘されています。

 

初期脱毛は必ず起こる?

リアップX5などミノキシジルの初期脱毛で、逆に抜け毛が増えたとのことで使用をやめてしまうケースも多いようです。

これは育毛剤の副作用とも考えられていますが、実は初期脱毛と呼ばれる正常な反応であることもあります。

初期脱毛とは頭皮の環境を改善するにあたり、いま生えているけれども毛根や毛髪そのものがスカスカで

  • 成長が見込めない死んだ毛を新しい毛が押し出す働き

を言います。

弱くて成長しない髪を排除して新しく生えてくる髪に十分な栄養と酸素を補う準備をする大事な段階が初期脱毛と言えます。

十分な栄養と酸素のお陰で、新しい毛髪は太くて丈夫に生えてきます。

頭皮が変わり始めて初期脱毛が起きるので、育毛剤を使用してから少ししてからの脱毛になり不安を感じる場合が多いようです。

副作用として極端なかぶれや炎症などがないようでしたら、それは初期脱毛と考えられますので少し待ってみましょう。

初期脱毛が始まるのは使用開始から2週間ほどで、だいたいは1ヶ月程度で収まってくることが多いようです。

その後は初期脱毛も収まり、健やかな頭皮を実感できるようです。

しかし炎症や体調不良などが起きている場合は、育毛剤の副作用である可能性が高いので即座に使用を中止して様子を見ましょう。

【良く読まれている記事はこちら】

プロペシアの副作用|危険な1ヶ月献血できない理由

 

▲ページトップに戻る